イシガレイの釣り方や料理を紹介!美味しいイシガレイの選び方は?

イシガレイの釣り方:投げ釣り

イシガレイ釣りの基本は防波堤での投げ釣りとなります。イシガレイは泳ぐのと海底に止まるのを繰り返して餌を追うため、キャスティング後に三脚に竿を固定し、置き竿で当たりが来るの待つ方法が一般的です。カレイは「かけ上がり」と呼ばれる海底の斜面の部分に潜んでいるため、そのポイントを探し置き竿するのが良いでしょう。

かけ上がりを探る方法は、キャスティング後にオモリが着底したら、竿を立ててから糸のたるみを取り、竿は引かずリールだけでゆっくりと道糸を巻き上げ、オモリを海底にはわせる様にします。竿先が少し重くなる感触が伝わってきたポイントがかけ上がりになっています。仕掛けの長さを計算に入れて、餌がそのポイントに来る様にするのがコツです。

イシガレイ投げ釣りの仕掛け

仕掛けが長くなる投げ釣り全般に言える事ですが、キャスティングするときに道糸と仕掛けが絡むのを防止するために必ず天秤仕掛けにします。また、糸切れを防ぐために力糸も必ず使用します。ハリスに装飾を施すのも効果的です。投げ釣りは広いポイントを探る必要があるので、遠投用、近投用など数パターンの仕掛けを用意しておくと良いでしょう。

イシガレイの釣り方:応用編

カレイ釣り全般においてですが、複数本の竿を出していくつかのポイントに投げ分け、ポイントや当たりエサを探っていく事が重要になります。細かくポイントを微調整する為にも距離別に複数パターンの仕掛けの竿を複数本用意しておくのが良いです。また、カレイは潮に敏感な魚であり、潮の変わり目などの時間帯に食いつきが良くなる事が多いです。

イシガレイは潮の速いポイントほど大きい個体がかかりやすいため、大物を狙う場合、丈夫な竿を使用し重いオモリ、太めの糸、大きなハリを使って遠投で狙います。とは言え実際に潮が流れている状況で釣るのはかなり難しいです。その為流れが緩くなったタイミングを見計らって遠投して大物を狙うという方法が良いかと思われます。

イシガレイ釣りのおすすめタックルは?

投げ竿

カレイ釣りは起き竿でどっしりと仕掛けを落ち着かせてじっくり狙う必要があるため、オモリ負荷25号以上の強度の高い竿を選ぶのが良いでしょう、出来れば投げ専用のもので4mクラスのものが望ましいです。ただし、初心者の場合は3mクラスのショートタイプのものでも問題ないです。

リール

重いオモリを使って投げと巻き上げを繰り返すイシガレイをターゲットにした投げ釣りでは、リールへの負荷が大きいため投げ釣り専用の強度の高いものが望ましいです。また、カレイ釣りは起き竿で待つため、大物を狙うのであれば、竿を海に引っ張り込まれるのを防止するためのドラグの付いているものを選択しましょう。

道糸・力糸

特段こだわりがないのであれば、コストパフォーマンスなどを考慮してナイロンラインの道糸にナイロンラインの力糸を繋いでおくのが良いと思います。道糸が切れるのを防止する為に必ず力糸は使用しましょう。力糸はテーパーラインといって先が細くだんだんと太くなっている構造で、細い方を道糸に繋ぎ、オモリの負荷を軽減する効果があります。

天秤オモリ

投げ釣り仕掛けの重要な機構が天秤オモリですが、イシガレイは岩礁地帯を好む為に根掛かりを防止しやすいジェット天秤がおすすめです。また、潮に流されにくい重目のものを選択すると良いでしょう。

イシガレイの美味しい料理方法①:刺身

イシガレイはなんと言っても刺身が美味しいです。シコシコした丁度良い食感、あっさりとした中にも程よい脂が乗っており旨味も十分、噛むとじわっと甘みが広がります。ただし、鮮度が落ちたものは臭みが出て刺身には向かない為、鮮度の良い活け魚を活け造りにする必要があります。醤油で食べても良いですが、ポン酢や塩もおすすめです。

また生食の応用としてはカルパッチョにして野菜などと合わせて食べるとかなり美味しいです。イシガレイのモチモチの食感とオリーブオイルとの相性は抜群です。新鮮なものであれば塩コショウでシンプルに味付けするだけでカレイの甘みが引き立ち、大変美味しく食べられます。

イシガレイの美味しい料理方法②:煮付け

カレイといえば煮付けのイメージがあります。鮮度が多少落ちても煮付けるとふっくらと炊き上がり大変美味しく食べられます。煮つける前によく沸いたお湯に数秒くぐらせたあと水の中で洗い、取り残しのウロコや滑りなと綺麗に取る事で生臭みも抑えられ、美味しく食べる事ができます。

NEXT イシガレイの美味しい料理方法③:揚げ物