カセットガス発電機を徹底比較!ホンダやヤマハ製品もご紹介

手に入りやすいカセットガスを使用した発電機はキャンプやBBQなどアウトドアにぴったり。また災害時の非常用電源としても注目されており、簡単でシンプルな操作なので初めて扱う方も安心です。そんなカセットガス発電機の魅力についてご紹介します!

この記事をかいた人

アウトドア関連、特にキャンプグッズに興味がある男です。現在4歳の息子がもう少し大きくなったら一緒にキャンプに行くのが当面の目標です。

カセットガス発電機の特徴

カセットガス発電機は家庭用のカセットボンベを燃料として発電可能なエンジン発電機です。ガソリンや軽油を使用するものと比較すると出力や燃費こそ劣りますが、手軽に入手可能なカセットボンベを使用するため、燃料の調達が容易で使い勝手が良く、駆動音も比較的静かである事など、優れた面も多くあります。

取り扱いが簡単なカセットガス

カセットガス発電機はとても取り扱いが簡単です。基本的にはカセットボンベを装着してからダイヤルを回す、リコイルを引くなどの数手順で簡単に始動、発電でき、専門的なエンジンや電気などの知識も必要ありません。

さらに、ガソリン式のエンジン発電機と違ってカセットガスボンベをセットするだけなので、軽油やガソリンと違って手の汚れや臭いを気にしないでもよい点、カセットボンベを利用するために汚れが少なく、ほぼメンテナンスフリーな点も非常に嬉しいポイントです。

長期保管後でもスムーズに始動可能

カセットガスボンベを燃料とする利点はまだまだあります。ガソリンは酸化したり揮発したりするので長期の保存には向きませんが、カセットガスボンベなら5年以上、最長でも7年は保存可能です。

基本的にはボンベが錆びたり劣化したりしていなければ正常に始動するので、燃料劣化による故障リスクはほとんどありません。

カセットガス発電機の選び方

カセットガス発電機を選ぶときには、どの様なシーンで使用したいのかを考え、重量やサイズなどをチェックしておきましょう。例えばキャンプ場やバーベキューなどで使用したいなら、ある程度移動に便利な軽量コンパクトで駆動音が静音なタイプを選ぶ。自宅の庭でDIYなどに使用するなら重くうるさくても高出力なものを選ぶなどです。

また、使用する電気機器の「消費電力」や「起動電力」も確認し、それに合ったカセットガス発電機を選ばないと使用することができないという事態になってしまいます。特に「起動電力」に関しては「消費電力」の何倍もの電力を必要とする機器もあるためしっかりと確認しておきましょう。

簡単に持ち運ぶことができる

カセットガス発電機を選ぶ際にチェックしておくポイントとして、持ち運びが簡単にできるかどうかというポイントは重要です。アウトドアやイベントなどで使用する際に、コンパクト軽量なタイプであればストレスを感じずに移動させる事ができます。

指定のカセットガスは簡単に入手できる

また、カセットガス発電機には機種ごとに燃料となるカセットガスが指定されています。例えばこの後で紹介する「ホンダ エネポ EU9iGB」という機種では「東邦金属工業株式会社製のカセットガス」が指定されています。東邦製のカセットガスは、ニトリなどのホームセンターやイオンモールなどで簡単に入手可能です。

この様に、指定されたカセットガスが入手が簡単かどうかも重要です。大手メーカーから販売されているカセットガス発電機であれば、この点は心配ありませんが、自宅の周辺にある店舗なども考慮に入れておけば、より快適に使用できるものを選択できます。また、安全のために必ずJIA認定カセットガスを使用しましょう。

カセットガス発電機はこんな時に使える

カセットガス発電機は様々なシーンで使える心強い存在です。家庭で一台常備しておけば、遊びや活動の幅が広がったり、家の庭などでの工務作業や清掃などにも活躍。また、万が一の災害発生時にも電源を確保できて安心です。

アウトドア、キャンプなどのレジャー

NEXT アウトドア、キャンプなどのレジャー