ディノポネラが最強と言われている理由! その生態と能力を徹底解説!

ディノポネラが勝つことが多い

どちらも最強と言われ人間からも恐れられている種類ですが、対決をした場合はディノポネラが勝つ事の方が多いようです。勝因は、屈強なアゴと猛毒にあります。

たとえ自分より大きな体格のパラポネラを相手にしても、捕食出来てしまうのです。

最強のディノポネラにも天敵がいる

vlada11 / Pixabay

最強と呼ばれているこの昆虫も、無敵では過ごせないようです。自分より身体の大きな爬虫類や、人間にでさえ致命傷を負わせる事が出来るディノポネラですが、天敵も存在します。この屈強な昆虫が苦手とする相手は、どのような生物なのでしょうか。

天敵はノミバエ

ノミバエは、一瞬の隙を見て相手に卵を植え付ける事が出来るのです。産みつけた卵は寄生し、宿主の身体を内側から食い荒らしてゆきます。いくら敵なしに見える最強と呼ばれるアリも、身体の中から攻撃されたのでは勝ち目はありません。

軍隊アリにも敵わない

その名の通り大きなコロニーで相手を攻撃する軍隊アリは、自分より倍ほども体格の大きなディノポネラ相手でも負ける事はありません。その鋭い鎌のようなアゴと毒針を使い、大軍勢で向かうことによって、最強と呼ばれるアリも打ち負かしてしまうのです。

ディノポネラの寿命は?

GDJ / Pixabay

通常のアリであれば、オスの方が短命で生まれてから1年も経たない間に死んでしまいます。メスのアリでも長くて2年ほど。最強と呼ばれるアリにもまた寿命がありますが、通常のアリとは生きる時間の長さも違うのでしょうか?

働きアリは1~2年

Alexas_Fotos / Pixabay

働きアリは、他の種類同様1~2年ほどの寿命のようです。最強と呼ばれるこの昆虫も、寿命はおおよそ平均的な年数ですね。

女王蟻は10年くらい

Hans / Pixabay

女王アリも、他の種類の女王アリと同じように10年ほどの長生きなアリです。女王アリは、他のアリが運んでくる餌を豊富に食しているため、栄養を十分に摂取しています。

そのおかげで、働きアリよりかは随分と長生きが出来るようになっています。

ディノポネラの人間との関連について

ここまで、ディノポネラの恐ろしい生態についてご紹介してきましたが、私たち人間とはどのように関わりのある昆虫なのでしょうか。どうやって接触を避けたらいいのでしょう。また、日本にいる私たちにも危険が及ぶ事があるのでしょうか?

NEXT 現地でも人と関わることはほとんどない