牙が顔面に突き刺さる!?死を見つめる動物バビルサの生態と噂の真相

バビルサの最大の特徴は「牙」です。そこでこの記事では、バビルサの牙がどのような理由で存在しているのか、「自分の死を見つめる動物」と言える根拠はあるのか、どこよりも詳しく解説します。バビルサの生態や解毒能力についての、貴重な情報も見つけることができるでしょう。

この記事をかいた人

自然科学を愛する主婦です。自然に囲まれた田舎に暮らしており、家族でウッドデッキを自作してBBQや燻製に挑戦しています。庭では家庭菜園をはじめ庭木の剪定など大忙しです。庭に野鳥を呼ぼう計画もスタートさせました!夫と1歳の娘、2羽の文鳥(白文鳥、ごま塩文鳥)と毎日楽しく暮らしています。

バビルサとは?

あまり耳慣れない言葉ですが、今回みなさんにご紹介するこの動物は、イノシシの仲間になります。学名はBabyrousa babyrussaと表され、寿命は大体20年ほど。そんな彼らの生態に迫っていきましょう。

イノシシ科のバビルサ科

インドネシアの限られた島に生息しており、森林地帯の水辺に暮らしています。見た目に反して泳ぎは得意で隣の島などに泳いで渡ってしまうほどです。イノシシの仲間だけあって、子供のころはウリボウのように縞模様があり、大人になると消えてしまいます。

体長・体重

体長は80㎝から大きいもので1mを超える個体もあります。体重も体調に応じて幅広く、60kgから大きいものは100kgを超えてきます。見た目は豚やイノシシそっくりで特徴は後で詳しくご説明する大きく反り曲がった牙です。

バビルサの名前の由来とは?

なかなか不思議な語感を持つ「バビルサ」という名前はどのようにしてできたのでしょうか?ここではその由来を簡単にご説明します。

日本語だと豚鹿を意味する

この名前は2つの言葉から作られました。インドネシア現地の言葉でバビ(babi)とルサ(rusa/roesa)が合わさってできました。それぞれ「豚」と「鹿」の意味を持ちます。見た目と特徴的な牙を持つことからこのような名前で呼ばれるようになったのでしょう。

バビルサはどこに生息してるの?

序盤に簡単に触れましたが、彼らはどこに生息しているのでしょうか?住んでいる場所から彼らの生態を少し探ってみましょう。イノシシに親しみのある私たち日本人にはとても想像しやすい暮らしをしているとも言えます。

インドネシアのスラウェシ島

いくつもの島から成るインドネシアのスラウェシ島という島に彼らは暮らしています。広がる熱帯雨林の中でも水辺で生活するのを好みます。

バビルサの最大の特徴は「牙」!

NEXT バビルサの最大の特徴は「牙」!