ソロキャンプの始め方!初心者必見の道具の選び方や楽しみかたを紹介!

お手軽なシングルバーナー

また、シングルバーナーは料理にも使用することができるガスバーナーがとても手軽に使うことができ、直火が禁止されているようなサイトであってもバーナーであれば禁止事項に抵触するようなことがありませんので問題なく使えます。

ソロキャンプ向けの焚き火台に関する記事はこちら

ソロキャンプに最低限必要な道具⑦クーラーボックス

ソロでなくともアウトドアでの楽しみの1つとしてやはり食事があるでしょう。インスタント食品で無く食材を持っていってサイトで調理をするのであれば、良好な状態で保存しておくためにクーラーボックスも持っていくこととなります。

コンパクトに使用するために

一人でキャンプを行う時には、あまりたくさんの荷物を持っていきたくはないでしょうし、事実バイクでのキャンプなどだとより一層それは難しいです。なのでできるだけ荷物をコンパクトにする必要があり、例えば保冷材も飲み物を凍らせて保冷剤代わりにするなどがあります。

発泡スチロール製の箱で代用可

一般的にクーラーボックスというとハードタイプ、もしくはソフトタイプのものを思い浮かべがちですが、発泡スチロールそのままのハコであっても十分クーラーボックスとして機能してくれます。見た目を気にしない方や新規で購入せず費用を抑えたい方におすすめです。

ソロキャンプに最低限必要な道具⑧調理器具・カトラリー

前述しました通り食事はアウトドアにおける大きな楽しみの1つとなります。調理用のテーブルなどを用意して、焚き火台など調理の火元にも使うことができるアイテムを揃えられたら、次は実際に調理をする時に使用する器具や食器類を揃えましょう。

専用の小さなものがおすすめ

そこで、アウトドア専用の小さめのものを揃えることをおすすめします。家庭用のものも使えないことは無いですが、専用の道具の方が耐久性もよく手入れや運搬も用意で、何よりアウトドアでしか使うことがありませんので特別感が出ます。

もしもあまり料理をしないなら、大きめの1人用鍋を用意しておいて、鍋料理を作るというのもあまり難しくはありませんのでおすすめできます。片づけをする時にもいろいろと後処理をすることなくサッと片づけられるというメリットもあります。

ソロキャンプでスタッキングに挑戦!

クーラーボックスの見出しでも少しご紹介しましたが、ソロに限らずアウトドアであれば持っていく荷物は最大限コンパクトに収納して持っていく必要があります。これも前述しましたが、オートバイを使う時には積載量に限りがありますので、それがより厳しくなってきます。

スタッキングとは

そんな時に役に立ってくれるのが、スタッキングというものです。これは簡単に言いますと同じ形状で異なる大きさのものを重ねて収納するというもので、当然ながら重ねて収納すればそれだけスペースに余裕ができますので収納するときもコンパクトにできます。

NEXT 自分で集めた道具をうまく組み合わせる