キアゲハってどんな蝶?その生態や飼育方法を徹底解説!

春先になるとどこからともなく現れるキアゲハ。普段何気なく見ている虫ですが、その生態を詳しく知っている人は意外と少ないです。この記事ではどういった成長過程で普段見ているキアゲハが空を舞うようになるのか詳しく解説します。

この記事をかいた人

彼にはもう八十四日間も一匹の魚も釣れない日続いていた。 釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。

キアゲハってどんな蝶?

Elionas / Pixabay

文字通り、黄色アゲハ蝶のこと言うのでしょうか?その場合、どの部分が黄色なのでしょうか。蝶々は基本的に、幼虫、サナギ、成虫として姿を変えて行きますがキアゲハも例にもれずそのように成長するのでしょうか。

また、成長の過程のある時期にキアゲハはある影響を外部に与えると言われています。

黄色い羽の大きな蝶

画像からもわかる通り、黄色の羽を持つ、見た目が美しいチョウです。典型的なチョウを思い浮かべる時、このようなルックスのものを思い浮かべる方も少なくないと言えます。また、幼虫からサナギになり、最終的に成虫になります。

幼虫は害虫扱いされる

成虫になれば綺麗ですが、幼虫の形態の時には野菜などにとってもとても害を及ぼします。とても食欲旺盛で、育っている野菜をあっという間に平らげてしまいます。

生物界にはたくさんの害をなす虫がいますが、興味のある方はランキング形式にした記事がありますので、どうぞこちらもご覧ください。

キアゲハの特徴

GraphicMama-team / Pixabay

どこに住んでいて、どの時期によく目撃することができるでしょうか。また、発見する場合の注意点として、中にはとても見た目が似ているチョウもいます。場所と時期、そして見分け方を含めた解説をここではしていきます。

日本に生息しているのは亜種

geralt / Pixabay

実は、日本に住んでいるのは純正な種ではなく亜種です。北米や北西部、ヨーロッパからアジアなど広範囲に渡って亜種とともに分布しています。

北米には、よく似た蝶のアメリカアゲハがいますが、それに対し英語圏ではキアゲハのことをOld World Swallowtail(古い世界の蝶)と呼び区別しています。

ナミアゲハとよく間違われる

ftanuki / Pixabay

画像をみてわかるように、とても似ています。しかし、よく見ると違いが見えてきます。そのなかでも特に、二点ほどわかりやすく区別しやすい特徴があります。

黄色の色味が強いという点と、前部の羽部分の付け根が黒ずんでいるのでナミアゲハのような縞模様をでないという点です。

春頃に見ることができる

jill111 / Pixabay

基本は、春の初めの3月下旬から10月まで見ることができます。発生する回数は年数回となり、河川敷や高山帯で見晴らしの良い所、畑などの野菜のある場所でよく見られます。

また、市街地などでもやはり家庭菜園などがある場所でも見ることができます。

キアゲハの生態①幼虫

どのような見た目で、どのような物を具体的に好み食すでしょうか。また、幼虫時は危険が迫ってきたときどのような行動をとって、その場を凌ごうとするでしょうか。成体とは、まるで違う容姿をしているゆえに行動も異なります。

見た目が変化する

BabaMu / Pixabay

キアゲハは画像のとおり、緑と黒の縞模様でを有していて、黒い帯がありその中にはオレンジ色の点がついて、毒々しく複雑な見た目をしています。

比較すると、アゲハ蝶などは成体になるとキアゲと近い見た目になりますが、幼虫では全体的シンプルな緑色をしていて、双方は幼虫時はとても見た目に違いがあります。

セリ科の植物が好き

tegrafik / Pixabay

とても、食べることにおいて活発で、それゆえに害虫として認識されています。実際に、被害を受けやすい野菜はセリ科の野菜になります。具体的には、パセリ、セロリ、ミツバ、ニンジンなどがその系統の野菜に属しています。

危険を感知すると肉角をだす

anaterate / Pixabay

外敵からの狙われそうになっている時などに備えてある武器を持っています。それは、とてつもない異臭を放つという防衛手段です。キアゲハは幼虫の時、ツノを持っていて、そこに何者かが触れてしますと強烈な臭いを発します。このツノは、アゲハ系の種は有していることが多く、このツノのことは臭角と呼ばれています。

キアゲハの生態②サナギ

BartuLenka / Pixabay

先ほどは幼虫について触れていきましたが、ここではサナギについて詳細を述べていきます。どのようにしてサナギになっていくのか、またどのような見た目をしているのかを紹介していきます。また、サナギはある環境下の厳しさをも凌ぐこともできます。

糸をだしてサナギになっていく

サナギになる前に、便のようなものを出し体の中をすっきりさせます。そして、安全な場所を確保したら、白い糸を出します。その糸に頭をくぐらせて、糸を利用しながら脱皮していきます。

殻を脱ぎ捨てた後もしばらくからだを動かし、時間が立つとまるっきり動かなくなります。

葉っぱの様な見た目になる

kkolosov / Pixabay

脱皮後は、一瞬みると葉っぱと全然見分けのつかないような、緑色のからだになります。そのルックスは、色だけでなく形すらも葉っぱにそっくりになります。これは、外敵から襲われない上でもとても見事な擬態としての効果があります。

越冬することもできる

annca / Pixabay

キアゲハのサナギは寒さにも強く、冬の厳しい環境も凌ぐことができます。擬態の上手い昆虫に、ムラサキシャチホコという生きものがいます。興味がわいた方は、是非こちらの記事もご覧ください。
この記事でも、幼虫からの成長過程についても記載もあるので、一見の価値があります。

キアゲハの生態③成虫

幼虫からサナギになり、ついに成虫になるのですが、生態について詳しく述べていきます。どのくらいで成虫になり、どのような物を摂取して生きているのかを紹介していきます。

また、卵を産む時にはどのような場所で実行するのかについても触れていきます。

10日程度で成虫になる

tigerlily713 / Pixabay

色が濃くなっていくと、成虫として外に出るのも間近になってきます。全く微動だにしないのですが、動き出せば30秒ほどでサナギから出てきます。

実は寿命はとても短くたったの2週間程度です。自然の中では、蜘蛛などの外敵も多く成虫になるには過酷な環境です。飼育の場合は、安全な環境なのですが飼育箱の蓋の裏でサナギなる傾向があります。

花の蜜を吸う

MabelAmber / Pixabay

基本的に他のチョウのように、花に近づき、その蜜を吸って暮らしています。特に赤い大きな花の蜜を好みます。具体的には、ツツジ、ユリ、ヒガンバナ、ヤブガラシなどです。飼育する場合は、ハチミツなどをかなり薄めて与えるやり方もあります。

産卵を行う

oranda / Pixabay

一匹あたり200個ほどの卵を産むのですが、その中で無事成体になれるのは、わずか1~3匹程度というとても低い確率です。産卵の仕方は、植物の葉の裏に卵を産み付けていきます。幼虫時にセリ科の植物を好むので、やはりセリ科の植物に産卵するケースが多いです。

キアゲハの飼い方①準備をする

実際に飼う場合には、どのようなものが必要でしょうか。飼育するにあたって、基本的なアイテムについてここではご紹介していきます。また、どのようにして元になる卵を手に入れてくればよいでしょうか。場所を交えつつ述べていきます。

飼育に必要なものを揃える

annaj / Pixabay

まず、飼育するためのケーズが必要です。もし、以前そのケースで何かを買われていた場合は、念入りにアルコールで消毒します。幼虫からの場合は無農薬のパセリなども用意します。卵の段階の場合は、ふ化用の容器を準備します。そして、ティッシュも用意し、容器の中に入れてその上に卵をおきます。

卵か幼虫を見つける

Merio / Pixabay

野外で見つける場合は、卵や幼虫から出ない場合は、メスを捕らえて卵を手に入れる方法もあります。幼虫からでしたら、購入するのもひとつの手です。もちろん、友人や知人でキアゲハを飼っている方がいましたら、そちらから頂くというパターンもあります。

キアゲハの飼い方②飼育する

MabelAmber / Pixabay

ここでは、飼育の仕方について述べていきます。ふ化までの流れの解説から、エサは具体的にどのようなものをあげたら良いか解説していきます。また、飼育するにあたっての注意点についても補足としてご説明していきます。

卵からの場合はふ化させる

卵を容器にティッシュを一緒に入れて、ふ化を待ちます。卵は赤い帯のような模様が現れているのですが、次第に卵の中が黒くなっていきます。黒くなっているところの外側は、卵で言うところ白身のようにも見えます。黒くなってくるのは、ふ化直前のサインでもあります。そして、卵から出るとまず、自身の卵の殻を食べ始めます。

エサは無農薬のものを与える

makamuki0 / Pixabay

基本的に無農薬の餌を与えるのが望ましいです。スーパーなどで買った餌が無農薬のものでなかったために、死んでしまったケースもあります。キアゲハは、繊細な昆虫なので、エサは無農薬のものを与えるのを徹底することをおすすめします。

定期的に飼育ケースを掃除する

magica / Pixabay

飼育箱は、掃除を頻繁にしやすいように、開けたり閉じたりするのが楽なものを選びます。毎日観察することを欠かさず、もしティッシュにカビが生えてたら、ティッシュを取り除いて掃除をします。

また、同じ要領でセッティングします。卵にとって、カビは大敵なので観察を疎かにしないことが重要です。

キアゲハの飼い方③成虫になるまで

Bru-nO / Pixabay

幼虫を経てサナギになった時期での注意点について述べていきます。もし、ないがしろにしてしますと大変な害を及ぼす場合もあります。そして、サナギから羽化して成虫になる流れを改めて解説していきます。羽化する様は生命のすばらしさを見せてくれます。

サナギには触らない

Maklay62 / Pixabay

サナギの間はかなり柔らかい体になっているので、触ってしまうと大変です。羽化した時に、不完全な状態だったり、奇形の状態で生まれる可能性が高くなります。もし、触って落ちてしまってりしたら、絶望的な状況になるリスクも高いです。

羽化して成虫になる

サナギの胴体が黒くなり始めたら羽化は目前です。そして、この時期はさらにダメージを受けやすいので、触るのは特に厳禁です。翅の色が透明になっていき、サナギの殻から抜け出していきます。完璧に抜け出せば、キアゲハは成虫として活動し始めます。

キアゲハの飼い方④成虫になったら

Alpelino / Pixabay

全ての過程を乗り越え、ついに成虫になった時どんな餌をあげたら良いのかを述べていきます。それに付随して飼育する上での環境はどのような形がおすすめかについてもご説明していきます。成虫後には、さまざまな選択肢もあります。

飼育環境を整える

ilyessuti / Pixabay

基本的に、日当たりの良い草原のような環境を好みます。日当たりの良い所で飼育し、同時に花を設置してあげます。また、羽が濡れてしまう場面もでてくるので、キアゲハが羽を乾かすことができるような少し休める場所を作ってあげると良いです。

エサをあげる

Daria-Yakovleva / Pixabay

前述したように赤い花の蜜を好みます。なので該当する花を設置して、キアゲハの成虫が花の蜜をすいやすい環境を作ってあげます。

もしくは、ハチミチや砂糖水を5から8倍薄めたものを作り飲ませてあげると良いです。濃度の調整はキアゲハの様子をみながら調整していきます。

逃がしてあげるのも大切

InspiredImages / Pixabay

キアゲハが成体になってからの寿命はとても短いです。なので、生体になったら、大自然の中を自由に羽ばたかせてあげるようにリリースするのも一つの考え方です。

せっかく育てたのに名残おしいかもしれませんが、チョウが優雅に空を舞うその瞬間のために育てるのも素敵です。

歌舞伎座で販売されてた!?

東京の銀座にある有名な歌舞伎座で以前ショッキングなものが販売されていました。フォッションというところから、歌舞伎座の開設記念として販売されたものなのですが、確かにこれは話題にならないわけがないとてもインパクトのあるものでした。

幻のエクレア

緑色と黒色とオレンジとくれば歌舞伎の色ですが、それをエクレアで表現したものが販売されました。しかし、エクレアの形の相まって、知る人にとってはこれはまるでキアゲハの幼虫とそっくりではないのかと当時とても話題になりました。

キアゲハに関連のあるアイテム

ここでは、個性的なキアゲハにまつわる個性的なアイテムをご紹介します。意外性のある組み合わせであり、何に使うのと疑問に思う方もいるかもしれませんが、このようなものも世の中では販売されています。是非、ご覧ください。

キアゲハの幼虫の印鑑

【動物認印】蝶ミトメ5・キアゲハ幼虫 ホルダー:ブルー/カラーインク: 赤

Amazonで見る

実は、沢山の動物や昆虫の印鑑が作られています。そのなかでもキアゲハに関しては、やはり幼虫が他のチョウと比べて特徴的なので、こちらが班の模様に採用されています。注意としては、この認印は、浸透印タイプのものになり、正式な印鑑ではありません。

キアゲハは優雅で儚い

makamuki0 / Pixabay

幼虫のときはとても毒々しく、成虫の美しさがあまり想像できない生き物です。そして、たった数週間美しく生きて死んでしまいます。美しいいものは、短い時間だけしか輝くことができず、儚く散っていくものなのでしょうか。キアゲハを見ると、改めて生命の尊さを感じることができるのではないでしょうか。

さまざまな害虫をランキング形式でおおくりしている記事はこちら

NEXT さまざまな害虫をランキング形式でおおくりしている記事はこちら