黄泉戸喫(よもつへぐい)ってどういう意味?その由来や対処法などを徹底解説

「よもつへぐい」という言葉をご存知でしょうか。「よもつへぐい」は古事記に登場する言葉です。そこで、「よもつへぐい」の意味や由来などをご説明していきます。また、「よもつへぐい」をするとどうなるのか、治す食べ物などについてもご紹介していきます。

この記事をかいた人

わかりやすく読みやすい記事の執筆を心掛けています。

そもそも「黄泉戸喫(よもつへぐい)」とは?

黄泉戸喫(よもつへぐい)

Amazonで見る

字面もそうですが、「ヨモツヘグイ」という言葉の響きも聞き慣れない方のほうが多いでしょう。この「黄泉戸喫」とはどのような意味で解釈していくべきか、また、そのルーツはどこにあるのか、詳しく説明します。

黄泉の国の食べ物を食べること

出典:PhotoAC

「黄泉戸喫(よもつ・へ・ぐい)」とは、黄泉の世界で料理されたご飯を、死者たちと同じように口にするという意味です。同じ読みで、「黄泉竈喫」という字で記されることもあります。黄泉の世界の火で調理された食べ物を指しているため、ここでは「料理」という語を使っています。

『古事記』が由来

新版 古事記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

Amazonで見る

「黄泉戸喫」という語句は、日本に現存するなかで最古の歴史書である『古事記』の上巻にも登場し、黄泉の国との境界を理解するための重要な言葉ともなります。『古事記』に登場するのは、かの有名なイザナキノミコトとイザナミノミコトです。

漢字で書くと「黄泉戸喫」

出典:PhotoAC

黄泉、すなわち「ヨモツ」とは「黄泉国」、つまりあの世を指します。「戸」とは「へっつい」、すなわち「竈(かまど)」を指しています。「喫」の字は、口に入れる、食すという動作を表現するものです。なぜ「戸」が「竈」を指すかというと、大年神の系譜中にある、「大戸比賣神。此者諸人以拝竈神者也」という表記が元になっています。

「黄泉国」は、『古事記』で最初に明記された「異界」です。ちなみに、『古事記』における「黄泉国」の読みは、「ヨミノクニ」と「ヨモツクニ」の二つがあり、一般的には「ヨミ」と読まれていますが、確実に「ヨミ」と読める表記はないため、確定していません。

「黄泉戸喫(よもつへぐい)」をするとどうなるの?

出典:PhotoAC

もしも、黄泉の国でもてなされた料理を食べてしまったり、なんらかの事情で料理を口にしてしまったとしたら、一体どうなってしまうというのでしょうか。『古事記』の中で「黄泉戸喫」という文言が出てくるお話から、その謎を紐解いていきましょう。

『古事記』の「黄泉国」について補足しておくと、火の神である「迦具土神(かぐつちのかみ)」を生んだことで焼け死んだイザナミを追って、イザナキが黄泉国を訪れるところからお話は始まります。イザナキは、「まだ国を作り終えていない、一緒に帰ろう」と、イザナミに語り掛けます。

現世に戻れなくなる

NEXT 現世に戻れなくなる