人民寺院の悲劇|集団自決を決行させた教祖の正体や幻の音源テープとは?

最悪の結末

集団自殺で亡くなった人たちの中には子供もいましたが、子供たちはシアン化合物を含んだ液体を注射器で注入されることで自殺が図られ、拒否する大人もこの注射を打たれたり、銃殺されました。結局、この自殺行為によって、914名(うち267名が子供)が亡くなったと言われています。

人民寺院集団自殺の様子が記録されていた!?

実はこの人民寺院の集団自殺の様子をうかがい知れるテープが残っていることが分かりました。そのテープにはどのような状況のなかで、このようなショッキングな出来事が起こっていったのかが、臨場感とともに記録されていたのです。

存在した自殺真っ只中の音源テープ

この狂気の様子を伺いしている音源テープが残っていました。ジム・ジョーンズが信者に語った内容やその後の信者たちの様子などが分かる証拠となっています。カルト的な集団、宗教がいかに恐ろしいかが分かるものでした。

その内容とは…

ジム・ジョーンズは信者たちに向かって、「我々はじきに皆殺しにされる」という恐怖を煽り、革命的自殺を決行するように呼びかけを行いました。また、これは別世界への旅立ちであると声を張り上げ、子供たちを先に送り出そうと語り掛けます。その後、順次に歓声や泣き声が静まり、亡くなっていったのです。

人民寺院を題材にした映画!衝撃の映像化!

このようなショッキングな事件ですが、衝撃が大きかっただけに、人民寺院を題材にした映画がいくつか制作されています。どのような事件だったのかを垣間見るにはわかりやすい教材の一つですので、お時間のある時に鑑賞してみてはいかがでしょうか。

「ガイアナ人民寺院の悲劇」

Amazonで見る

ジョンソン(ジム・ジョーンズの名称を変更した)というサイコパス教祖を主人公に、彼の異常な思考回路・行動が忠実に再現されているのが特徴です。演説で自分の思想を訴えるシーンなどが分かりやすく描写されているほか、人民寺院の闇の部分(ジョーンズタウンの生活や拷問シーンなど)も表現されています。

「サクラメント 死の楽園」

Amazonで見る

こちらも「ガイアナ人民寺院の悲劇」と同じく人民寺院を題材にしていますが、少し演出や創作を織り交ぜた作品です。潜入取材を試みるという主人公の視点による映像が臨場感を高めた演出を可能にしています。やや事実と相違する部分がありますが、カルト集団の実態を認識することが出来る作品です。

NEXT 嘘か本当か?まことしやかな噂