人民寺院の悲劇|集団自決を決行させた教祖の正体や幻の音源テープとは?

クー・クラックス・クラン

クー・クラックス・クランは1865年に設立されたと言われる秘密結社です。プロテスタントのアングロサクソンこそが聖書で言われるアダムの子孫であるとの信念のもと、白人至上主義を唱えました。一度衰退したものの、第一次世界大戦後に盛り返し、アメリカの政治にも大きな影響を及ぼしました。

世界を震撼させた衝撃の結末!人民寺院の最後!

ジム・ジョーンズは決して恵まれた家庭で育ったわけではなく、精神に何らかの闇を抱えて成長しましたが、当初の思いは決して大きく道を外していたとまでは言えないものでした。しかし、人々の注目を集めるなかで、次第にその独善的な姿勢が頭をもたげてきたのです。

人民寺院の最後は非常に衝撃的なもので、アメリカのみならず、世界の人々に多大な衝撃を与えました。日本でもオウム真理教のようにカルト集団が起こす事件が発生しています。心の闇につけ込むカルトの脅威に私たちも気を引き締める必要があるでしょう。

世界にはこんな存在するおもしろ宗教の関連記事はこちら

アメリカ政府のひた隠しにする極秘実験に関する関連記事はこちら