ラップ音は心霊現象だけじゃない?気になる原因や対策、霊からのメッセージも

ラップ音は、古い旅館や心霊スポットで聞かれることが多いので、恐怖を感じてしまいます。しかし、悪いことばかりではなく、最近では霊界からのメッセージである可能性も示唆されています。ここでは、ラップ音の原因や対策などを紹介していきます。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

ラップ音とはどんな音?

darksouls1 / Pixabay

心霊現象としてメジャーな音にまつわる現象。恐怖映像などの番組が好きな人であればどういった音なのかも知っている人はいるでしょう。しかし、必ずしも心霊現象ではないことをご存知でしょうか。ホラー嫌いの人も多く勘違いを直す機会もなかなか少ないです。

実際その音の意味には心霊現象といった悪い意味でなく、その他の意味もあるのに固定観念だけであまり良く思われない人も多いでしょう。そこでまずはどんな音なのかという点から解明していきましょう。

誰もいない場所からする音

Free-Photos / Pixabay

どんな音なのかというと、この音はまず誰もいないはずの場所から鳴る音です。本来何もなければ、自分以外存在しない部屋では物音が鳴るはずはありません。

しかし、自分しかいないはずで音もならないはずの室内から突然ガタっと音がしたりするのです。そして、不自然に続いたりもします。部屋の音であれば、家からきしむ音や建物から発する音なのではと思われがちですが、実はそれとも違います。

KELLEPICS / Pixabay

家がきしむ音は、鳴ることもありますがまず不自然に続いたりはしません。また、音の種類も違います。本当に言葉にしにくい特有の音で、のこぎり使用時にでる特有の音、あるいはハンマーで軽くたたいているかのような音が発せられるのです。

こういった音を総称するのですが、なかなかこの名前を聞くと多くの人が良くないことが起きるのではというイメージを持っていることでしょう。

心霊現象とされるものが多い

Free-Photos / Pixabay

どんな時に音が生じるのか気になるものですが、。そのタイミングは、多くが心霊現象が理由とされるものが多いです。この名を聴くと誰しも心霊現象というイメージを持っている人は多いことでしょう。

ホラー嫌いの人はそもそも悪いイメージを持ったまま、固定観念となりその他の意味を知らずにいるケースも多いです。なのでいつまでも不気味がられ、誰か良くないものがそこに存在するのではないか、何か起こるのではと勘繰られることが多いです。

Tama66 / Pixabay

音の正体はわかりませんが、本来音が鳴るはずないところから前触れなしに音が鳴るということから、不思議以上に不気味に思われることの方が多く、多くの場合心霊現象やホラーの類と扱われることが多くなっています。

ラップ音の種類

多くの人は霊の無念の思いなどが密接にかかわっていると思いがちですが、どんな音かと問われるとそのなんとなくのイメージしか持っていない人も多いです。まずはどんな音のことを言うのか把握するところから始めましょう。

人間がいるような音

piper60 / Pixabay

その音はまるで人間がいるかのような音になります。物音とは違った人がそこにいるかのように、あるいは歩いているのではと思わせるような音を発します。物がぶつかった程度の軽い音ではないのです。

明らかにそこに存在する人が関係しているかのような音がするのです。それはまるで関節のおとや足音のようです。音には高い物や低いものがあるといわれていますが、どちらにしても大きく太鼓をたたいているかのようにはっきりと聞こえる音なのです。

建物に関連する音

Myriams-Fotos / Pixabay

床や部屋のノックの音など建物関連の音ともいわれています。建物をたたいた沖になるような音に近いです。人の存在をにおわすところとも共通点がありますが、建築物特有の音といえるでしょう。

ラップ音の歴史

NEXT ラップ音の歴史