平和の滝は心霊スポット?そこで起こる心霊現象と観光地としての魅力をご紹介!

平和の滝は北海道でもトップクラスの心霊スポットと言われています。風光明媚な美しい滝もその名とは裏腹に日が落ちた後に近づく人はいません。今回は北海道最強クラスの心霊スポットにしておすすめ観光スポットでもある平和の滝を紹介します。

この記事をかいた人

わかりやすく読みやすい記事の執筆を心掛けています。

平和の滝へのアクセス

出典:PhotoAC

オカルト系の話になると耳にする機会の増える「平和の滝」ですが、どこにあるのでしょうか。また、どのような交通手段で、どういったルートで行くのが最善なのか、まず初めに、平和の滝へのアクセス情報について詳しくご案内していきます。

平和の滝の所在地

出典:PhotoAC

まず平和の滝の住所は、「北海道札幌市西区平和435」となっています。札幌の中心部からは少々離れた場所にありますが、交通網の発達により、現在ではわりと気軽にアクセスしやすい場所となっています。

中心部から公共交通機関で約1時間半

出典:PhotoAC

かかる時間は、札幌の中心部から長く見積もって一時間半です。車やバスから下車後、20分程度は歩くことになるでしょう。車で行く場合の時間は登山口までおよそ40分,距離にして約13kmです。駐車場もありますが、夜19時以降は使用できなくなるそうなので、ご利用の際には注意が必要です。

地下鉄でのアクセスは、東西線の「琴似駅」で下車、その後、駅前からJR北海道バス「琴42」または「発42」の、「西野平和線」もしくは「平和の滝入口行」へ乗り換えます。下車するバス停は「平和の滝入口」です。

平和の滝の概要

ChanhNguyen / Pixabay

「平和の滝」の名前を持ちながら、心霊スポットとして有名になってしまったこの滝。そもそも、なぜ平和の滝という名前なのでしょうか。付近にはほかに観光できる場所などあるのでしょうか。ご紹介していきます。

名前の由来

地名の謎を解く: 隠された「日本の古層」 (新潮選書)

出典:amazon

平和の滝の「平和」は、地名からとられています。この地名、珍しいと思いませんか?実は、この地を切り拓いていくのは、かなりの重労働だったそうです。たくさんの犠牲者も出てしまいました。そのような過去を背負ったうえで、「少しでも平穏で和やかに過ごせるように」という願いを込め、付けられた地名のようです。

入り口にある記念碑と慰霊碑

出典:PhotoAC

平和の滝の入り口には、3つの石碑があります。1つの記念碑と、2つの慰霊碑です。記念碑は「韓日友好の広場碑」と呼ばれるものです。慰霊碑のひとつである「朝鮮人殉職者慰霊塔」とともに、終戦記念日には広場で慰霊祭が行われます。人権を無視した労働を強いられ、命を落とした人々を弔う石碑です。

もうひとつの石碑は、「相沢良慰霊碑」です。津軽手段真の相沢良は、女性平和活動家でしたが、反戦運動で捕らえられ、獄中で拷問を受け、病を患い、25歳の若さでこの世を去りました。石碑は故郷の浪岡にも建てられています。浪岡では、毎年5月に、良を偲んだ碑前祭が執り行われます。

周辺のスポット

出典:PhotoAC

平和の滝の周辺には、注目すべき場所があります。ひとつは登山ルートとしての手稲山、ふたつめに、恋愛のパワースポットとして名高い西野神社があります。手稲山には、平和の滝を経由しての登山ルートがありますので、登山に励む際にはきちんと下調べをしていきましょう。

西野神社は、3人の神様が祀られています。一人目の豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)は、厄除け、縁結び、海上安全の神です。二人目の鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)は、主に子育てを司る神です。三人目は、譽田別命(ホンダワケノミコト)で、戦勝祈願や厄除、文学、裁縫や呉服を神徳としています。

心霊スポットとしての平和の滝

NEXT 心霊スポットとしての平和の滝