妊婦はお寿司を食べちゃだめ?食べていいネタと注意が必要なネタまとめ

胎児に有害な水銀・ビタミンAを含む

27707 / Pixabay

魚はお肉よりも脂質が少なく良質なたんぱく質のため、普段の食生活に欠かせない食材と言えます。マグロやメカジキといった大型の魚になるほど体内にメチル水銀を蓄積しています。

またビタミンAが多く含まれている魚を過剰摂取すると骨粗しょう症の原因となったり胎児奇形の恐れも出てきますので、注意が必要です。

メチル水銀とは

Jonny_Joka / Pixabay

地球上に多く存在している元素で、過去には水俣病の原因ともなりました。プランクトンから小魚へ、その小魚を大型の魚が食べるというように食物連鎖によって魚の体内に水銀が濃縮されていきます。

これらの魚を私たちが食べることで健康への影響が心配されている成分です。

ビタミンAが多い魚

gumigasuki / Pixabay

並ぶネタで多いものをご紹介します。うなぎ、ほたるいか、あなご、いくら、本マグロが多く含んでいます。過剰摂取は控えましょう。

食中毒の危険がある

rawpixel / Pixabay

火を通さずに食べるネタが多いので、体調が優れない日に食べると食中毒を起こしやすいので、気をつけましょう。食中毒を起こすと激しい腹痛や嘔吐といった症状が生じ、服用できる薬も限定されてしまいます。

食中毒菌のリステリアに注意

妊婦さんが感染すると大変危険な食中毒菌の一種です。この菌の恐ろしい点は、普段よりも20倍ほど感染しやすい菌ということです。胎盤を通過してしまうので胎児も感染します。流産のリスクが高まるため注意しましょう。

サルモネラ菌にも注意

tidtee2015 / Pixabay

ネタの種類に卵がありますが、卵につきやすい菌といわれています。完全に中まで火を通せば菌は死滅するため安心ですが、免疫力が弱っている時には注意が必要です。

妊婦さんが食べてはいけない寿司ネタはこれ!

tookapic / Pixabay

お寿司が食べられないの?と悲しい気持ちになってしまいますが、ちゃんと注意を守れば食べることができます。では、どんなお寿司のネタに気をつけたらいいでしょうか?食べてはいけないリストをご紹介します。

基本的に生もの全般

kanami-y / Pixabay

生ものは鮮度が命ですが、回転寿司の場合はレールを回っていて空気にさらされているため鮮度も落ちやすいです。この時期は免疫力が弱りやすいので、普段は大丈夫であっても食中毒に感染するリスクが高まるので、生もの全般は気をつけてください。

NEXT 大型魚