妊婦はお寿司を食べちゃだめ?食べていいネタと注意が必要なネタまとめ

気にしすぎると逆に良くない

photosforyou / Pixabay

あまり神経質にありすぎるのも返ってあまり良くありません。ただでさえ妊娠中はホルモンの変化から感情の波がある時期です。おおらかな気持ちで過ごすことが赤ちゃんにとって一番快適なので、気にしすぎず過ごすこともマタニティライフを楽しむコツです。

適度な適当さも必要

Greyerbaby / Pixabay

妊娠は未知のことなので、心配事や不安なことが増えてしまいがちですが、ちゃんと注意するべきことを守っていれば、何も生活には支障は出ません。適度な適当さも必要なのです。常に気持ちはおおらかに!が基本です。

妊娠中のストレスと胎児の関係

ijmaki / Pixabay

日々変化をする体やつわり、体重管理などでストレスを感じやすい時期でもあります。ホルモンの変化から感情の波も起こりやすく、落ち込んだりイライラしたりと不安定にもなりやすい時期です。胎児への影響はあるのでしょうか?

ママと一心同体

Free-Photos / Pixabay

へその緒で繋がっているママと赤ちゃんは一心同体です。ママが嬉しければ赤ちゃんもお腹の中で笑っています。逆にママがストレスを感じていれば同じように感じています。そうするとお腹の中での居心地は悪いと感じてしまいます。

切迫早産のリスクが高くなる

ArtisticOperations / Pixabay

ストレスを感じると、子宮の収縮が起きやすくなりこれが陣痛が起きた時と同じ動きになるため早産のリスクが高まります。妊娠初期に起きやすい早産の原因の多くはストレスによるものです。

胎児の体重が減ってしまう

Tumisu / Pixabay

人はストレスを受けると、血管が収縮し血液全体の巡りを悪くさせ外部のストレスから身を守ろうと働きます。妊娠中に同じ現象が起こると、胎児に必要である栄養の量も巡りにくくなってしまい体重が減りやすくなります。

夜泣きが多くなる

StockSnap / Pixabay

これは出産後なのですが、妊婦さんのストレスが胎児に対して何らかの影響を与えていたことから夜泣きしやすい赤ちゃんになる可能性があるとの説があります。

素敵なマタニティライフを楽しむために

同じ10カ月を過ごすなら、毎日楽しく快適に過ごしたいですね。日々自分のお腹の中で成長している赤ちゃんと会える日を楽しみにしましょう。素敵な妊娠生活を過ごすために、気をつけたほうが良いポイントとはどんなことでしょうか?

NEXT 無理をしない