妊婦はお寿司を食べちゃだめ?食べていいネタと注意が必要なネタまとめ

無理をしない

jill111 / Pixabay

妊娠中はお寿司でもそうですが、塩分の量や体重増加、運動など制限がどうしても多くなります。その分ストレスを抱えたやすいのです。制限はするけど無理のない範囲で行うことが大切なことです。

「お寿司屋さんには行くけどネタに気をつける」というように、自分のできることから少しづつが肝心です。

一人の時間を満喫する

Kaedesis / Pixabay

出産後は赤ちゃん中心の毎日なので、自分のために時間を充てられなくなります。今こそ一人時間を楽しむチャンスです。やりたかったこと、行きたかったところなど無理のない範囲で満喫しましょう。

深呼吸でママも赤ちゃんもリラックス

jill111 / Pixabay

深く息を吸って吐く深呼吸は、気軽に行えるリラックス方法です。妊娠中は呼吸が浅くなりやすいので、普段から深く呼吸することを意識しておくと、リラックス効果を得ることができます。赤ちゃんにも酸素が行き届くため体内環境も整います。

妊娠中に寿司を食べたことのある人の割合

lpegasu / Pixabay

先輩ママたちは、妊娠中にお寿司が食べたくなった時、どうしていたのでしょうか?意外にもたくさんのママたちがお寿司を楽しんでいました。

約半数

多い割合で、お寿司を楽しんでいたというデータがありました。我慢我慢ばかりではストレスも溜まってしまい、胎児にも良くありません。直中毒は注意しながらも火の通ったネタを食べていたようです。

3.8%の妊婦が体調を崩す

Myriams-Fotos / Pixabay

食べたことがあると答えた先輩ママの中で、体調を崩した人が3,8%いたというデータが残っています。やはり妊娠中は控えて出産後に味わったほうが安全なのかもしれませんね。

妊婦さんが気を付けるべき他の主な食材

3907349 / Pixabay

お寿司だけでなく、他にも妊娠中は控えたほうが良いとされる食材や成分があります。一体どんなものに気をつけたら良いでしょうか?お腹の赤ちゃんのためにもしっかりと守っていきたいですね。

カフェイン

cocoparisienne / Pixabay

胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまう成分です。たくさん摂取すると赤ちゃんも眠れなくなります。1日2杯程度に制限した方が安心な成分です。

身近なカフェインに注意

TerriC / Pixabay

コーヒーだけでなく紅茶や緑茶、チョコレートにもカフェインは含まれているので意外に摂取している可能性があります。注意してチェックしましょう。

水分補給について詳しく知りたい方はこちらも良かったらご覧ください

NEXT ヒ素