モスマン(蛾人間)とは?「呪い」とも言われる2つの事件とその正体を検証

モスマンは「不吉の前兆」ともされ、海外メディアでは当時の事件とともに伝えられた謎多き生物です。モスマンの正体は何なのでしょうか、本当に不吉な存在なのでしょうか。謎に包まれたモスマンの正体に迫ります。

この記事をかいた人

面白いものを探して街の中から河川敷、インターネットの中まで徘徊中。 素敵なことをおすそ分けできれば幸いです。

モスマンとは?

jplenio / Pixabay

モスマンは不幸の象徴とされている、アメリカなどで有名なUMAです。UMAとは未確認生物のことで、有名なところではヒマラヤ山脈のイエティやネス湖のネッシー、チュパカブラなどがいます。

世界中にいるあのUMA達は本当に存在するのか、気になる方はこちらもご覧ください。

不幸を呼び込むUMA(ユーマ)

imagii / Pixabay

不幸の予兆。なぜモスマンがそう呼ばれているかというと、目撃されたとされる場所やそこに居合わせた人々、モスマンを題材にした作品に携わった人間に不幸や悲劇が訪れた、という話があるからです。

モスマンの名前は「蛾」のイメージから!

初めの頃は目撃されていた地域の住人たちからにバード(鳥)と呼ばれていましたが、地元の新聞社がこのUMAをモスマンと名付け報道して以降はそのように呼ばれるのが定着し一般となりました。

モスマンの鳴き声

Salmar / Pixabay

姿に次いで特徴のあるもの、それは声です。当時の目撃者の中には声を聞いたという人もおり、モスマンはネズミなどのげっ歯類やコウモリなどが発するそれによく似た「キィキィ」といった声で鳴くと話しています。

また、その他に一部の猛禽類もそのような声で鳴きます。名前について触れた際に紹介した元々の呼び名バードというのは、実は大型の鳥類なのではと考えた人々がそう名付け読んでいたものとされています。

モスマンが一番目撃された時期!

一番最初に目撃されたのは1966年、アメリカ合衆国。当時のアメリカでは宇宙人やUFOの話題が人気で、そのことからこのモスマンも宇宙から来た生物かもしれない、という説があったほどです。当時がどんな時代だったのか、出現時期やそれに重なる時期及び時代に起きた出来事、事件について少し紹介していこうと思います。

モスマンは1966年頃から多く見られた!

モスマンが最も多く見られた時期は1966年から1967年頃。場所はウェストバージニア州(以下Wv)ポイント・プレザントとされています。最初の目撃例から13ヶ月もの間モスマンの目撃はしばしば続き、また同時に事件が起こります。

ビートルズやローリング・ストーンズの流行った時期

1966年から1967年は、イギリス出身のロックバンドであるビートルズとローリング・ストーンズが世界的にとても流行っていた時期です。日本でも流行し、1966年6月にはビートルズが初来日を果たしています。

また音楽シーンだけではなくファッションの変化も有名で、女性の間ではミニスカートが流行りました。67年にはミニスカートがシンボルのファッションモデル、ツイッギーが来日し多くの女性の憧れとなります。

東京オリンピック・ケネディ暗殺と様々なことが起こった時代

60年代にはその他にも色々なことが起こりました。1964年には東京で日本初のオリンピックが開催され世界から多くの人が訪れます。また開催するにあたり建てられた建造物の多くが今でも残っており、日本武道館もその一つです。

1963年にはアメリカのテキサス州で当時の合衆国大統領ジョン・F・ケネディが暗殺されるという事件が起きます。全世界に影響や衝撃を与えた大きな事件ですが、犯人とされる人間が逮捕後に射殺されてしまい証言を得ることができず、多くの謎を残し今もなお事件についての議論が続いているという状況です。

モスマンとの遭遇事件が後を絶たない!

NEXT モスマンとの遭遇事件が後を絶たない!