幽霊船は今もどこかをさまよっている!?実在した幽霊船20選をご紹介!

不運が重なった結果

漂流に至って、乗船していたクロウハースト氏がいなくなった理由についてもはっきり判明しています。そこには、いくつもの不運が重なっていたのです。実はこのクロウハースト氏、出発直後の段階で、航行が難しいと判断していたようです。

航行経験の浅いこともあり、準備不足も相まってレースを断念せざるを得ない状況だったようなのです。そして、断念するために先頭集団と合流を考えたクロウハースト氏は、航海日誌のねつ造や、嘘の位置情報、偽装工作を行い始めました。

Airvideopl / Pixabay

これにより、自然と先頭集団との合流を計画したのです。しかし、レースが進むにつれ予想外に優勝候補にまで上り詰めてしまい、大きな注目を浴びるようになりました。優勝すれば、これまでの偽装工作などすべて衆目にさらされることになります。

このことを恐れたクロウハースト氏は、大きなプレッシャーを感じるようになり、徐々に不安定な精神状態へと追い込まれていきます。その結果、船外へと自投身自殺を図ったそうなのです。これら一連情報は、航海日誌に綴られ、ヨットに残っていたそうです。

現実の幽霊船⑲サム・ラトゥランギPB 1600

この船は、発見当時は貨物も積んでおらず、その正体不明の船に眺めていた人たちの多くが不審な船と思い、かなり話題を呼んだ船となります。しかし、調査の結果、この船はしっかりと正体も判明して船の内容などもすべて今では判明しています。

ミャンマーに現れた幽霊船

12019 / Pixabay

斧船が発見された経緯について紹介していきましょう。船が発見されたのは、ミャンマー領海内。そこでこの船が一隻ぽつんと浮かんでいたのです。海岸からわずか11キロという距離でした。

その後調査にキャンマー海軍が赴き船内を調査したところ、内部には何もなく、乗組員もいないことから、奇妙な船として情報が公開されましたが、調査をして言うと意外な事実が明らかになったのです。

調査の結果

DarkWorkX / Pixabay

調査の結果明らかになった事実が、すでに老朽船解体のためにえい航していた船だったというものです。すでに解体が決まっており、そのために移動中のところ嵐に巻き込まれて先頭を行く船と切り離された状態になっていたのです。

そのため、一隻だけ何もない状態でぽつんと海の上に漂っていたのです。何も事情を知らず浮かぶ船を見るとそれは確かに奇妙な光景。しかし、一切にはこのような事情があったのだそうです。

現実の幽霊船⑳第十一漁運丸

fietzfotos / Pixabay

最後に紹介するのは、日本の船になります。この船は、最近の出来事でありニュースでも流れたので聞いたことのある人は多いかもしれません。本来この船は、老朽化が激しかったためにすでに解体が決定していた船でした。そこにあの震災がやってきたのです。

東日本大震災の津波で沖に流される

chois2880 / Pixabay

東日本大震災の影響で、解体の決まった船は流されてしまいました。すでに解体が決まっていただけのことはあり、船はすでに老朽化が進んでおり、かなりボロボロだったようなのです。

解体の準備を行い停められていた船でしたが、大震災の津波によりかなり流されてしまいました。沖に流されたこの船は、無人状態で瞬く間に日本領海外へと流されていきます。

数日後カナダで発見された

kordi_vahle / Pixabay

数日後発見されたのはカナダでした。沖合で発見されたその船は、確かに日本の漁船だったのです。無人状態でありながら、すでにその位置は危険な区域と判断され沈めるほか手段はないと決定されました。

元持ち主も返却不要と決まっていたこともあり、結果的にカナダの沿岸警備隊により砲撃され、沈められることとなります。

幽霊船と言えばフライング・ダッチマン号を忘れてはいけない

werner22brigitte / Pixabay

最も有名な船といえば、フライング・ダッチマン号でしょう。ボロボロの船体やマストなどイメージを彷彿とさせるモデルはこの船からすべて来ているといっても過言ではありません。

NEXT イギリスで語られる幽霊船