トーヨーボール事件|無関係の人間が関東連合に殺された事件の真相とその結末

トーヨーボール事件驚愕の真相!人違いで殺された!?

Navigator175 / Pixabay

被害にあった少年は関東連合とは関係ありませんでした。関東連合と当時敵対していた全狂連というグループとも関係がありませんでした。まったくの勘違いから襲われ命を落としたのです。少年にとっては悲劇でしかありません。

関東連合には対立グループがいた

isabellaquintana / Pixabay

関東連合が当時対立していたグループは全狂連という暴走族グループでした。全狂連は50’sアメリカンスタイルの「オシャレな不良」という触れ込みの組織。全盛期には全国に支部を置き数千人規模のメンバーがいたといわれています。

被害者は全くの無関係!?

Mandyme27 / Pixabay

不良少年の利己的な自己顕示欲によって被害者の少年は「勘違い」という全くふざけた理由で最悪の結末を迎えたのです。到底許せる問題ではありません。しかし、少年法に守られた彼らの多くは実名も写真も公開されることはありませんでした。

カラーギャングとは?暴走族とも違うその正体とは!

女優三田佳子の次男も関与していた?疑惑のトーヨーボール事件

トーヨーボール事件が世間の注目を集めたもう一つの理由に、女優の三田佳子の次男が関与していたことがあげられます。三田佳子の次男とはどんな人物なのか、そしてどのように事件と関わっていたのかを紹介します。

三田佳子の次男は覚せい剤中毒?

Free-Photos / Pixabay

三田佳子の次男、本名高橋祐也は高校生の時に覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後2018年までに4度の逮捕歴があります。その都度三田佳子は会見を開き息子の弁明をしてきました。高校生の時に数十万円の小遣いを渡していたことが分かると「度を超した過保護で甘やかしすぎ」という批判が世間から集中しました。

高橋祐也の逮捕歴

高橋祐也は高校生の時から通算して4度の逮捕履歴があります。そのすべてが覚せい剤によるもの。覚せい剤からは「足を抜くことが出来ないのだ」という事が良く分かります。4度目の逮捕時は36歳になっていましたが母親の三田から1日15万円の小遣いをもらっていたそうです。

  • 高校在学中に覚せい剤取締法違反で逮捕
  • 2000年自宅の地下室で覚せい剤パーティーを開催したことが発覚
  • 2007年コンビニのトイレで覚せい剤吸引
  • 20018年渋谷の焼き肉店で覚せい剤取締法違反の容疑

犯行現場には女優三田佳子名義の車

RJA1988 / Pixabay

事件現場で目撃された車両にチェロキーという外国産の高級4WD車がありました。この車の名義が三田佳子だったのです。凄惨なリンチ事件として注目を集めていた事件が、更に炎上して一斉にメディアに取り上げられました。

三田佳子の次男は関東連合に所属!?

PrintMart / Pixabay

三田佳子の次男の高橋祐也は関東連合に所属してリンチ事件に関与したのか?噂が噂を呼び半ば既定事実のように報道がエスカレートしていきました。実際には関東連合に所属する人物から小間使いのように扱われていただけに過ぎず車は貸し出されたものでした。

NEXT 緊急記者会見まで!