ハリスホークの生態や飼育方法とは|人にもなつく初心者にもおすすめの鳥!

ハリスホークは、「空飛ぶ犬」と言われるほど人間によく懐き、鷹匠として調教されることが多い鳥類です。また、初心者にもすぐに慣れるため、ペットとしても人気が高いです。ここでは、ハリスホークの生態や飼育の方法について詳しく紹介していきます。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

ハリスホークとは

みなさんはハリスホークという生き物を知っていますか?名前がホークがつくのてなんとなく想像つくと思いますが、鷹の生き物です。鷹というだけあってその見た目はとても勇ましく凛々しいのです。そんな魅力的なハリスホークにスポットを当てて、ご紹介していきます。

基本情報・生態

ハリスホークは鷹目に属す「猛禽類」の種族です。猛禽とはわかりやすく言えば鷹のように尖った爪をもって、獲物を狩り食すような鳥のことをいいます。米国やその南アメリカ大陸などに生息しています。大きさが適した哺乳類、鳥、昆虫などいろいろな生き物を餌として捕食します。

そんなハリスホークの大きさは、40センチから80センチくらいまで、羽の広げたときの大きさは100センチ以上にもなります。重さは約一キロくらいで、雄よりも雌のほうが若干重い傾向にあります。また一夫多妻制の生き物ではないかと考えられており、米国のサバンナでは「積み重ね」という行動をしている様が見られています。

名前の由来

鳥類学者オーデュボン氏が友人のエドワード・ハリス氏にささげた名前が由来となって「ハリスホーク」という名前なのですが、日本ではつまりは和訳ではももあかのすりと言われており、こちらの由来については、わかりやすいと思いますが、腿部分が赤みがかっている為付けられました。

そんなハリスホーク(ももあかのすり)はある呼び名でも呼ばれています。その呼び名とは「空飛ぶ犬」です。なぜ犬なのかというと、犬のように人間に忠誠的であり、懐っこく飼育しやすいためその呼び名で呼ばれております。

ハリスホークの性格

そんな一度は飼ってみたくなるような魅力的なハリスの性格について、お話していきたいと思います。性格の面でもとても魅力的で、より興味を持たれ飼ってみたいと思いますので、ぜひ読んでみてください。

社会性がある

猛禽類に属すわけですが、猛禽類のほとんどの種は、鷹のように孤高で、つまりは一匹でターゲットを狩るときなどで行動するわけですが、ももあかのすりは群れを形成して狩りや生活するので、珍しく社会性がある鷹と言えます。

そのこともうなずけるように私達人間にも交友的で飼育しやすいので、初心者や入門者にもおすすめのペットなのです。とはいえ珍しいペットなので、飼育する際はいろいろな注意点がありますので、それをきちんと理解しておく必要性があります。

人に良く懐く

さきほども少し触れましたが、ハリスホークは群れを成し社交的なタカであるため、我々人間にも社交的で、よく懐きやすいためペットとして飼うのに大事な要素を持っていると言えます。見た目もきっと可愛らしくもかっこよくも見えるので、一度は飼ってみたい人気のペットです。

ハリスホークの飼育方法

人懐っこい生き物とはいえ、もと荒野のような地で勇ましく孤高のように生息しているタカなので、ご想像通り飼育するのにはそれなりの環境づくりと、エサなどの注意点が必要なのです。それについて考察していきたいと思います。

広い所で飛ばす

NEXT 広い所で飛ばす