クレヨンしんちゃんのシロ特集!魅力や特技、初登場エピソードも!

クレヨンしんちゃんの野原家で忘れてはならないのが犬のシロ。時にしんちゃんを抑えてランキング上位にも選ばれる大変人気のキャラクターでもあります。今回はシロの犬種や声優さん、特技やグッズなどシロに関する情報をまとめて解説します。

この記事をかいた人

大学、大学院を獣医学部にて過ごし、養った知識と共に、興味あふれる内容をお届けします。

クレヨンしんちゃんのシロとは?犬種は?

シロが初めて登場したのは、1992年5月25日放送のアニメ「子犬を拾ったゾ」でした。野原家がたまたま通りかかった道で、捨て犬だったシロを発見し、野原家で飼う事になったのが始まりでした。そんな過去を持っているシロを今回は徹底的に解説していこうと思います。

公式情報では雑種犬

白い毛色とふわふわな表現が特徴のシロですが、公式からは雑種犬として公開されています。また特技が多いシロですが、体を丸める「わたあめ」が得意なこともあり、しんのすけは「わたあめ犬」と呼ぶこともあります。公式情報に詳しく犬種が載ってない事もあり、ファンの中では諸説、妄想を膨らませる方々も多いです。

有力なのはマルチーズ

シロの犬種は諸説ありますが、劇場映画第11作目「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」において、白がリアル化した時はマルチーズ似であり、さらには、アニメ「テレビドラマのロケ隊が来たゾ」ではマルチーズと何かの雑種と推測された事もあります。そういった事からも、シロはマルチーズだという説が有力となっています。

犬には様々な種類が存在しており、毛色や体格まで多種多様です。そんな様々な犬の種類にご興味がある方はこちらの記事も参考にしてみてください。

シロのお母さんはジャックラッセルテリア?

原作の46巻では、生みの親はジャックラッセルテリアに似ており、様々な毛の色合いで生まれたシロ達ですが、飼い主の父親が犬に触れない病気になり、シロ達を手放さないといけなくなりました。

他の犬は無事に貰い手が見つかった中、ボルシチとシロだけ貰い手が見つからず、保健所へ行くこととなりました。しかし、飼い主一家の娘がそれがそれを嫌がり、シロを箱にいれ、拾ってくれる方へと希望を託した、というエピソードがあります。飼い主一家によると、ボルシチが脱走した際に出会った野良犬が父親だという証言もされています。

ここがいい!クレヨンしんちゃんシロの魅力

クレヨンしんちゃんの中でも、人気上位に食い込んでいるシロの魅力を徹底解説!癒し系アニメであるクレヨンしんちゃんの中でも、ファンに多くの癒しを与え続けているシロですが、具体的にはどういう点が人気なのでしょう。

何と言ってもかわいい!

人気の秘訣は何といっても見た目や行動の可愛さではないでしょうか。アニメに登場する動物キャラクターは、動物という事だけでも人気になる傾向にあります。シロにもこれが当てはまるようです。しかし、シロはそれだけではありません。しっかりもののシロがしんのすけに振り回されて困っている姿もまたかわいらしさの特徴の一つでしょう。

利口だけど自分に正直なマイペース

シロの特徴といえば、その利口さではないでしょうか。その中でもシロのこだわりを見せる側面もあり、そういったギャップもファンの心をしっかりと掴んでいるポイントです。ここではシロの利口な一面とマイペースな一面をご紹介します。

利口なエピソード

散歩に連れて行ってもらえないと、一人で散歩に出かけて帰宅するシーンが描かれています。また、ご飯を貰い損ねると商店街へ出向き、様々な芸をして餌を貰ってくるなどのエピソードも!慌ただしい野良原家にもシロは欠かせない存在となっており、片付けや野菜の手入れをして育て上げるなど、犬らしからぬ、利口な一面も見せてくれています。

マイペースなエピソード

お利口な一面を持つ反面で、シロは好みじゃないごはんを食べなかったり、散歩に行きたくない時は嫌がったりとマイペースな一面も持っており、それが原因でしんのすけと喧嘩してしまうこともあります。それも、しんのすけとの間に意思表示や喧嘩ができる信頼関係があるということです。

優しくて野原家への愛に溢れている

NEXT 優しくて野原家への愛に溢れている