メキシコサラマンダーの特徴や絶滅の危機にある現状、保護への取組みまとめ

メキシコサラマンダーの驚くべき能力

geralt / Pixabay

両生類の皮膚は薄く傷つきやすい特徴がありますが、メキシコサラマンダーは凄い能力を秘めているのです。このパワーは人間のための医学研究にも用いられていて、大きな役目を賄っているのです。どんな凄いパワーなのかご紹介します。

体が再生する

Alexas_Fotos / Pixabay

彼らは、自分の傷は自分で再生できる力を秘めています。イモリのように切れた尾を再生するように傷を修復できるのですがこの再生力が大変高く、医療界でも注目を浴びているのです。

さまざまな部位が再生する

TheDigitalArtist / Pixabay

イモリは尾だけですが、メキシコサラマンダーは四肢や心臓、目、水晶体、脊髄といったあらゆる部位が再生できる凄い力を持っているのです。

医学でも用いられている

過去には損傷した脳も再生できた例もあり、人間の再生医学に代用できないか神経学者の間で研究が進められています。いつしか遠くない未来で、メキシコサラマンダーの能力を参考にした最新医学が公表されるかもしれません。

人間の10倍以上の再生力

geralt / Pixabay

小さな体に秘めたパワーは凄まじく、人間の10倍以上もの再生能力を持っています。このことから科学者たちはこぞって研究に使用しているのです。

メキシコサラマンダーは成体になる?

GDJ / Pixabay

同じ両生類であるカエルのように姿を変えずに一生を終える「変態」しない彼らは、幼体のまま寿命を迎える両生類なのです。珍しい種類なのですが場合によっては成体にさせることも可能です。一体どんな方法で成体にさせるのでしょうか?

一部の個体は成体になる

彼らの姿の特徴は、エラが体の表面に飛び出していることです。成体にさせるためには、エラ呼吸から肺呼吸にする必要があります。自然界では難しいことですが、人為的に手を加えることで成体になることが可能です。

成体にさせる方法

qimono / Pixabay

彼らが幼体のままの姿を維持しているにはホルモンコントロールができているからと明らかになりました。ホルモン注射を接種することで成体にさせることができます。

そして負担を少なくするため水位を徐々に下げていき肺呼吸がしやすい環境を整えてあげます。

珍しい両生類について詳しく知りたい方は、こちらも良かったらご覧ください

NEXT メキシコサラマンダーが成体になるとどうなる?