田布施システムとは?根幹には天皇の替え玉説も?知られざる陰謀論に迫る!

田布施出身者が日本の政治を陰で牛耳っているとする説「田布施システム」は、未だに謎の多い説です。なぜ田舎町の田布施で、多数の政治家を排出できたのかということは、多くの人が疑問に思っています。ここでは、田布施システムの概要や、出身の有名人についてまとめていきます。

この記事をかいた人

釣りクアンプを愛するアウトドア系の男です。仕事はパソコンに向かう時間ばかり・・・だから取材を兼ねた週末は「楽しいことを探してワクワク」しています。

田布施システムとは?

日本の政治を裏で支配している地域が存在する。その地域を田布施というらしい。この話は単なる陰謀論とも取れますが、明治維新にまつわる真実が見え隠れして何とも不気味。内閣総理大臣の安倍晋三も田布施の系譜を組む人物だといわれています。更には幕末の孝明天皇暗殺疑惑まで浮上します。

日本は田布施出身者が陰で牛耳っているとする説

日本の政を支配しているのは山口県の田舎町「田布施」永田町でも霞が関でもありません。田布施という小さな村から総理大臣が2名誕生しています。これこそが田布施システムを肯定する人たちにとって偶然ではない動かぬ証拠なのです。

多くの明治期政治家が田布施出身

明治期から現在に至るまで多くの政治家が田布施や近隣の地域から立身しています。これは事実です。代表的な人物だけでも驚くべき有名人が続々と登場します。この人物を見るとこの土地には何やら「裏」があることを想像せずにはいられません。後程実名で紹介します。

田布施システムの存在を支持する人物・機関

田布施システムは著名な人物が公の場で口にしたこともあります。それが三宅洋平氏です。彼は自身が出馬した参議院選挙にて田布施システムに言及。選挙には落選したものの25万票を集める健闘でした。

音楽家・政治活動家の三宅洋平

音楽家の三宅洋平氏は自身が衆議院選挙に立候補した際の選挙演説で田布施システムについて持論を展開。後になって「確証が取れない」として謝罪をしますが、熱心に田布施システムを信じる一人です。三宅氏によると田布施システムは、ユダヤとの関係が深く明治維新もユダヤの力が大きく関与したといいます。

週刊誌にも取り上げられている

2017年の10月週刊ポストが「日本の陰謀論」と称して田布施システムについて論じています。週刊ポストでは、現代日本の礎を築いた明治維新で田布施とその近隣の出身者が要人を務め、日本を陰から牛耳っているとしています。その記事の中では、明治天皇替え玉説まで言及しています。

田布施とはどんな町?

田布施は山口県の中にあるのどかな田舎町です。どこにでもあるような風景が広がり、田布施システムによる恩恵を受けているような地域には感じられません。また、国の政治を裏からコントロールするような公共施設もありません。

山口県の田舎町

NEXT 山口県の田舎町