手のひらサイズのヘビ・ヒバカリ!毒がある?飼育方法は?徹底解説!

ヒバカリという蛇をご存知でしょうか?ヒバカリは大人になっても小さいサイズで、とても可愛らしいヘビです。今回はヒバカリの生態情報についてご紹介いたします。毒の有無、飼育に必要なものやポイントなど、気になるヒバカリの情報について詳しく解説していきます。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

ヒバカリってどういう動物?その生態は?

皆さんはヒバカリという動物をご存知でしょうか?そんな単語を聞いても、きっと日計りとイメージするなどどんな動物か想像つかないはずです。今回はそのヒバカリにスポットをあてて記事を書いていきます。

特徴

ヒバカリ400mm~650mmくらいの小さなヘビなのです。色は濁った黒色や濁った茶色のものが多く、お腹の部分は綺麗な白色をしています。また何を食べるかと言いますと、蛙やおたまじゃくし、そして稚魚のような小さい魚などを食べます。

日本に広く生息

ロシアや中国、朝鮮といったユーラシア大陸全域に広く分布していますが、ここ日本国内でも全域に分布しています。日本各地に分布しているのですがあまり知名度がないのは、都会や都心などと言った環境ではなく、田舎の様な自然が多い環境でしか住めないからなのです。

大人になっても小さいヘビ

先ほどの「特徴」のコラムでもお話しした通り、大変ミニサイズのヘビで大人になっても400mm~650mmくらいにしかならず、子供の時は大人の大きさ半分よりもっと小さく、その小ささが人気の理由なのです。

ヒバカリの性格は?

古い日本では、そのヒバカリのことを獰猛で猛毒を持っていると、噂されていたくらい恐ろしい性格なのそうなのですが、実際のところは違うようなのですが、果たしてどんな内面をもっているのでしょうか?

穏やかなヒバカリ

大蛇やアナコンダなんていう存在を聞くと、どうしてもヘビにはおっかない、狂暴といったような印象をうけますが、この子は大変お人やかで、つつましい性格をしていて穏やかな生き物なのです。そこ魅力の一つと言えます。

むしろ臆病すぎる?

日没や日暮れ時に活動的になりますので、その時刻に我々人がこの子に出くわした場合、この子はその姿を一瞬でも見かけたらすぐに草花や木々のなかに逃げていきますので、むしろ臆病すぎるくらいなのです。

ヒバカリは毒を持っている?

NEXT ヒバカリは毒を持っている?