市川一家4人殺人事件の全貌|犯人関光彦の生い立ちや生き残った長女の現在も

関光彦に下った判決は死刑

しかし裁判の判決は彼の思惑を外れ死刑となります。死刑判決を受けたその後、彼は死刑の執行を待つまで勾留される事になるのですが、次から事件後の犯人自身について見ていってみたいと思います。

市川一家4人殺人事件後の死刑囚・関光彦

Ichigo121212 / Pixabay

こうして逮捕後、死刑判決が下った関光彦死刑囚ですが、その後の死刑執行までの間、彼は一体何を考え、何をしていたのでしょうか。ここでは関死刑囚の判決後から刑の執行について見ていきます。

裁判のやり直しを求め、再審を請求

succo / Pixabay

関死刑囚は裁判所の死刑という判決を不服として死刑判決のおよそ1年後には再審の請求をしています。彼は専門医療機関による精神鑑定や精神面での脳の精密検査を行い、それを証拠として提出したのです。

しかしこれらの証拠からは精神の異常性や心神喪失だったことは証明できず、再審は却下されることとなります。犯行の内容から少なくとも自分の意思でこの凶悪な犯行を行ったものだと判断されたのです。

第2審が行われた2001年、死刑が確定

kalhh / Pixabay

しかし結局のところ死刑判決が覆ることはありませんでした。彼は事件に対しての罪を償うという気持ちはなく、第二審が行われた2001年に死刑が確定します。当初は未成年であること、犯人の家庭環境や生い立ちなど同情されるべき点もありましたが、今回の事件の凶悪性を考慮し未成年犯罪の中でも非常に稀な結果となったのです。

死刑が近ずき、関光彦に心境の変化が現れた

死刑判決を受けた関光彦はとうとう自分自身に対しての心境に変化が見られるようになってきました。彼は生き恥をさらしたくはない、家族に迷惑をかけたくはないと人生をあきらめたような発言が増えていきます。

そして被害者家族の納骨を行ったお寺の住職宛に写経を送るといった贖罪ともとれる行為を行ったり、時には関光彦の母に頼まれて来た住職と面会をしたりもしていました。その際に住職から見た関光彦は自分の犯した罪に苦悩しているように見えたと語っており、死が近づいてようやく罪と向き合うようになったのではないかと感じます。

2017年12月19日関光彦の死刑が執行

kalhh / Pixabay

そして2017年に関光彦の死刑が東京の拘置所で執行され、事件から20年以上が経っての処刑となりました。この死刑までに体重が120㎏にまで増えており、これは噂では弁護士が死刑の執行を逃れられる可能性があるからと体重を増やすように指示されたからだと言われています。

死刑囚・関光彦の最後の言葉

8385 / Pixabay

最期に発した言葉はこれまで担当していた弁護士に向けた言葉だといわれており、裁判記録は先生の元へと言い残しています。非常にたんぱくな最期の言葉に、人生を完全にあきらめた様子が伺えるように感じます。

また、事件に関して被害者家族に対しての謝罪といった発言は発せられず、本当に彼自身は反省をしていたのか、疑問だけが残ります。どす黒い心の中を真に理解することは誰にもできなかったのです。

市川一家4人殺人事件の被害者長女の現在は?

Greyerbaby / Pixabay

こうして犯人の死刑によって結末を迎えた市川一家4人殺人事件ですが、この事件の被害者少女は何をしているのでしょうか。ここでは被害者家族の長女の現在が果たしてどうなったのかについて見ていきます。

NEXT 事件後は母方の実家で生活し美大へ進学