桔梗の見頃の季節はいつ?種類別の開花時期やおすすめのスポットをご紹介

桔梗は日本やアジアに生息している花で、特に日本ではなじみ深い花です。秋の花として認知されていますが桔梗の季節は秋ではありません。この記事では誤解されがちな桔梗の季節や花の特徴、桔梗を見ることができるおすすめスポットをご紹介します。

この記事をかいた人

大学、大学院を獣医学部にて過ごし、養った知識と共に、興味あふれる内容をお届けします。

桔梗が開花する季節を種類別にご紹介!

桔梗の中にも数々の種類が存在します。ここでは桔梗の有名な種類ごとに時期をご紹介させていただきたいと思います。秋の花として認識されている桔梗ですが、実際はどの季節に割いているのでしょうか。またそれぞれの種類の違いなどにもご注目ください。

アポイギキョウ

アポイギキョウ(Platycodon grandiflorus Apoyama Group)の開花時期は6~8月です。矮性で有名品種とされており、比較的小さく高さは10~20cm程です。育てる際は高山植物として育てるため、1年を通して日向で育てます。小さいアポイギキョウはロックガーデンや鉢植えで育てるのに適しています。

ウズキキョウ

ウズキキョウ(Platycodon grandiflorus ‘Uzu’)の開花時期は6~9月です。高さが15~1.5m程まで伸びますが、鉢植えでも育てる事が可能です。葉がちりめん状になり、花は桃色や背丈が伸びる傾向の物では白く咲くものもあります。

五月雨

五月雨(Platycodon grandiflorus Samidare Group)は5月下旬~6月に咲き始める早生の系統で、桔梗独特な紫の花以外にも白や桃色に咲く事でも人気を集めています。育てる時は水はけや日当たりの良い粘質な土壌に植えて育てます。草丈はおおよそ80cmほどまで成長します。

小町

小町(Platycodon grandiflorus ‘Komati’)の開花時期は早咲きで5月下旬~6月に開花を始めます。花が最後まで開ききることのない「袋咲き」が特徴的で、別名「バルーン・フラワー」とも呼ばれています。蕾から花びらが開く際には中に貯めこまれていた水が出る姿が観察できます。

桔梗とはどんな花?

日本原産の野花として親しまれ、家庭でも身近に育てられている桔梗ですが、どのような特徴を持つ花なのでしょうか。学名や分類や、花言葉、そして秋の七草としての桔梗の顔も含めてご紹介させていただきたいと思います。

他にもこの地球には数多くの種類の花が存在しています。桔梗以外にも日本を特徴づける花も沢山あり、「彼岸花」もそのうちの1つです。彼岸花についてはこちらの記事で詳しくご紹介させていただいてるので、ご興味がある方はこちらの記事も参考にしてみてください。

青紫色や白色が特徴の綺麗な花

桔梗と言われて想像する色は綺麗な薄い青紫色ではないでしょうか。桔梗の品種によっては青紫以外にも、白色や桃色などの花をつけるものもあり、多色混合の桔梗種も園芸店取り扱われていることもあります。

また、つぼみの状態では花びらが繋がり風船のようにみえることから「バルーン・フラワー」とも呼ばれています。つながった花びらのつぼみが星型として特徴的な花を咲かせ、桔梗の根はのどの痛みを抑えるなどの効果を持ち、灰褐色の円錐形のような主根を持ちます。

桔梗の学名と分類

NEXT 桔梗の学名と分類