幻の魚タキタロウとは?その正体を徹底検証!過去に捕獲もされている?

山形県鶴見市大鳥池に存在するという巨大魚タキタロウ。タキタロウの正体は謎に包まれていますが、巨大化したイワナという説や古代魚の生き残りという説もあります。過去には数年にも及ぶ捕獲作戦を実施し、そこで思わぬ収穫もあったようです。この記事では、タキタロウの特徴やその正体、過去の調査結果について詳しくまとめました。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

幻の巨大魚「タキタロウ」とは?

タキタロウという幻の巨体魚をご存知でしょうか?その名前からもわかる通り日本で度々目撃されている、存在するのか存在していないのか定かでないような、そんな幻の魚なのです。今回のこの記事ではそんな幻の巨大な魚のことについて、ご紹介していきます。

山形県鶴岡市の大鳥池にいるというUMA

東北地方の山形県の鶴岡市にある大鳥池という、広さが役500立方メートルあまりの湖に生息している未確認動物、すなわち『UMA』なのです。この大鳥池はタキタロウの存在以前、はるか昔からミステリアスな湖として知られています。

この地球上には、未確認生物であるUMAがたくさんいます。イエティやビックフット、ネッシーやツチノコなど、はたしてそれらが存在する可能性とはどれくらいなのでしょうか?その可能性について気になった方や興味のある方は、是非こちらの記事を読んでみてください。

タキタロウの概要

当然UMAなので大きさや重さなどの外見に関しては、諸説あるとされていますが、体長はだいたい我々人間の身長の長さくらいから、3メートルくらいとされています。ウロコに丸模様があるとされていて、またヌメっとしています。なんとなくシャケに似ているとされています。

度々巨大魚が目撃、捕獲されている

存在が目撃されているのは役1000年も前からであり、現在まで度々目撃されています。大正6年には湖の調査スタッフが捕獲してという記録もあります。また昭和57年にはその魚群が目撃されています。そこから日本のUMAとしての知名度がだんだん広がりました。

タキタロウの正体には様々な説が

UMAというぼんやりとしているミステリアスな生物であることから、その正体にも様々な諸説があるわけですが、そんなそれぞれの説について解説していきます。あくまでも説ということであり、科学的根拠はありませんのでご注意ください。

諸説などではなく実際にそのUMAの存在が何であったのか、科学的に証明されている生物も中には存在します。角の生えた兎という可愛すぎるUMAジャッカロープもまた、その正体が判明されたのです。そんなジャッカロープに関する記事はこちらですので、ぜひ読んでみてください。

ニジマス属やヒメマス属などの説

ニジマスとヒメマスという魚に一番酷似していることから、ニジマス属やヒメマス属なのではないか?という説が挙げられています。またそのように似ている魚の違う種同士の混血ともいわれていたり、突然変異による巨体化したのではないかともいわれております。

古代魚の生き残りのいう説

古代魚の生き残りのいう説もあります。実際にシーラカンスという巨体魚もまた古来より生息していることで知られていますし、この説が有力とも伺えるわけです。実際に捕まえて生物学的に研究してその存在が認められたら、古代魚として新種として登録されるかもしれません。

3年にも及ぶタキタロウ捕獲作戦!

NEXT 3年にも及ぶタキタロウ捕獲作戦!