リンフォンは実在する?閉じ込められたパズルの恐ろしいパワーと意味を検証

リンフォンの言葉の中にも地獄が存在する

ZERIG / Pixabay

リンフォンをローマ字のつづりで表記すれば「RINFONE」となります。ローマ字や英語の表記は26文字に組み合わせだけなのでパズルのように文字を入れ替える言葉遊びがあります。「RINFONE」を組み替えるとそこから地獄が現れます。

RINFONEが地獄になる

LoggaWiggler / Pixabay

地獄という言葉を英語で表すとINFERNOです。RINFONE(リンフォン)とINFERNO(地獄)非常に似ている言葉です。実は使われているアルファベットが全て同じ。リンフォンの中には地獄が内包されていたのです。

キリスト教の地獄

darksouls1 / Pixabay

キリスト教の地獄はインフェルノが有名です。インフェルノは地獄という意味でもありますが、永遠に焼きつづける炎そのものを指すこともあります。天国の反対にある場所で、処刑をされる場所であり、神の怒りに服する場所でもあります。

リンフォンもう一つの解釈

rdlncl / Pixabay

リンフォンには英語とラテン語の説明文が添付されています。ラテン語はローマ帝国で公用語とされた古い言葉です。フランス語やイタリア語の母体となった言葉でもあります。そしてキリスト教で神の言葉とされた歴史を持っています。

ラテン語と英語で表記されたリンフォン説明書

DomyD / Pixabay

ローマ共和制の末期にイエスキリストが誕生します。他の宗教と同じように異端として迫害を受けました。イエスは十字架にはりつけにされ死を経験し復活したのは有名な話です。そして数百年の時を経て世界中にキリスト教が広まっていきます。ラテン語はキリスト教と共に世界に広がり神の言葉としてキリスト教の公用語になりました。

ラテン語は神の言葉

MichaelGaida / Pixabay

ラテン語はキリスト教を経て18世紀までヨーロッパ学問の中心的言語にありました。1000年以上の長期にわたりラテン語は神の言葉として宗教的な儀式に使われてきたのです。リンフォンにおいても正式な文章はラテン語であり、翻訳した文章が英語なのかもしれません。

リンフォンが示す「魚」はキリスト教のシンボル

Didgeman / Pixabay

キリスト教のシンボルと言えば十字架が誰の頭の中にも浮かぶことでしょう。誕生したばかりの頃は、異端であるとして迫害の憂き目にも合っていたキリスト教。迫害から逃れるためにキリスト教の信者は、魚(イソクス)をキリストの象徴として崇めていました。

魚(イクソス)はキリストの意味

geralt / Pixabay

魚(イソクス)はキリストを表す5つの言葉の頭文字を取ったものです。その言葉はイエス、キリスト、神の、子、救世主という5つの言葉です。この言葉をギリシャ語で表して頭文字をとると魚(イソクス)になるのです。

  • Ιησούς :イエス
  • Χριστός  :キリスト
  • Θεού      :神の
  • ΥΙΟΣ   :子(イエス)
  • ΣΩΤΗΡ  :救世主

頭文字をとると魚になる

上にある5つの文字の頭文字を取りモノグラムにするとΙΧΘΥΣとなります。魚という意味です。異端と呼ばれ迫害を受けるキリスト教徒は魚をキリストの象徴として迫害から身を守ったのです。キリスト教は神の子イエスの誕生で始まります。正20面体の象徴する水、リンフォンが示す魚、そしてキリスト。象徴が不思議と一致してきます。

NEXT キリストが示す地獄とは?