前代未聞「小学生妊娠」の衝撃!小学生でセックスは常識?低年齢化する妊娠出産に迫る

小学生で妊娠は不可能ではない!事実小学生が妊娠し出産するケースがあり、低年齢化する性交渉や妊娠出産が問題となっています。「14歳未満の出産児童生徒内訳」という衝撃的なデータが流出した件から、小学生妊娠について考え、さらに世界でみる最年少出産を紹介していきます。

この記事をかいた人

わかりやすく読みやすい記事の執筆を心掛けています。

小学生が妊娠するってありえるの?

TerriC / Pixabay

事例もありますし、当然小学生でも妊娠します。この事例に対して疑問や驚きを抱いてしまうことこそ、日本における「性」に対する認識の浅さに原因があるといえます。ここで今一度確認しておきましょう。

小学生でも妊娠できる

出典:PhotoAC

小学生でも、初潮を迎えた段階で、生殖器の機能的には、妊娠が可能になります。可能にはなりますが、全体的な身体の成長が伴っていないことが多く、妊娠をしても自然分娩できるケースはほとんどありません。

10歳前後で始まる排卵

出典:PhotoAC

卵子が排出されることを「排卵」といい、初めての排卵のことを「初潮」と言います。初潮の開始は人それぞれですが、10歳から13歳の間に迎える人が多いようですが、当然その期間より早い人も遅い人も居ます。初潮を迎えたこの段階で、きちんとした性教育が行われていなければ、性への認識はどんどん歪んでいきます。

また、男の子の精通も同時期に起きるものです。初潮を迎えた女の子と、精通を迎えた男の子とが性交渉に及ぶと、生殖機能的には大人となんら変わりないのですから、妊娠する可能性は当然あるのです。

ネット大炎上!「14歳未満の出産児童生徒内訳」

geralt / Pixabay

この資料は衝撃的なものだったので、その資料の信憑性が議論される前に、ネットで瞬く間に拡散されてしまいました。今でも画像検索をかければ閲覧が可能です。なぜここまで波紋を呼んだかと言えば、「小学生で性交渉に及んでいる」という事実が目に見える形で提示されてしまったからです。どのような資料だったのかを解説します。

ある産婦人科のデータが流出

出典:PhotoAC

データはある産婦人科のものだとされますが、真偽のほどは不明です。資料には、19人の14歳以下の女児の情報が匿名で載っています。項目は「年齢」と「学年」、「妊娠した経緯(相手についての情報)」、「出産の方法」が表となり、一覧で出されています。

最年少出産は小4!

clem_0704 / Pixabay

このデータによると、最年少は10歳で、小学4年生でした。しかも相手が「13歳の兄」と記載されていることで、波紋を呼びました。小学生の妊娠は4年生こそ一人ですが、5年生は2人、6年生では6人がそれぞれデータにあがっています。

小学生妊娠は戦慄の近親相姦

Alexas_Fotos / Pixabay

さきほど、小学4年生の女児の相手が兄であったことをお話しましたが、ほかにも「9歳の弟」が相手という衝撃的なものもあります。また、このデータ上には、小学5年生が父親からの性的虐待により妊娠・出産してしまったケースも記されています。こういったお話は、とても心の痛いものです。

小学生妊娠の現実

NEXT 小学生妊娠の現実