古代生物とは?まるでCGのような生物たちを紹介!現代に生き残りも?

皆さんは古代生物と聞いてどんな生物を思い浮かべますか?地球が生まれてから現在までの長い年月の中には、現代ではありえないと思えるような様々な生物が生息していました。今回はそんな古代生物について、そもそも古代生物とは何なのかという基本的な事から紹介していきます。

この記事をかいた人

音楽と執筆をしています。幼稚園の時にジュラシックパークを映画館で観てからというもの古生物好き。英語をよく使う環境にいます。

太古の存在!古代生物とは?

KELLEPICS / Pixabay

太古や古代と聞いただけで、きっととても古い時代の生き物なのだろうとなんとなくは想像することはできますが、長い地球の歴史の中で、それらは私たち人間よりもどれほど前に生きていた生き物たちだったのでしょうか。

地球の歴史は46億年もある

LoganArt / Pixabay

生まれたばかりの地球はマグマの海でした。その後2億年のうちにそれが冷え、44億年前ごろに初めて海ができました。ですが、小惑星の衝突を受けその海は何度か干上がってしまいます。宇宙の環境がやっと落ち着き、地球が安心できる状態になったのは38億年ごろで、その頃の海に初めて生命が生まれたのではないかと現在は考えられています。

初めは目にも見えないような小さな存在だった彼らが、少しずつ長い時間をかけて複雑な体へと進化し、水中だけにとどまらず陸の上を歩くようになり、空を飛ぶものも現れ、人間を含む現在の様々な生き物へとその道筋は続いてきたのです。

恐竜は古代生物ではない?

DariuszSankowski / Pixabay

『古生物』。人間が生まれるはるか前に生きていた生物たちを、皆ひっくるめた場合にこう呼びます。また世界史的に考えると、『古代』とは有史以前のことではなく、すなわち恐竜は古代生物ではないとする考え方があります。

ですがこれだと、例とした恐竜だけでなくそれ以前・以後の全ての古生物までもが古代生物ではないことになりますからなんだかおかしなところです。地球の長い歴史と比べてまだわずかな、人間の歴史ができてから絶滅した動物のみを古代生物と呼ぶのもどうなのでしょう。

古代生物の定義はあいまい?

kkorvin / Pixabay

古生物という正式な言葉の完全なる誤りだとする古生物学者からの意見もあれば、生物学者がタイトルに古代生物と入った書籍を出版したことも。単に古生物の語感の違いとしてしまっているのか、恐竜も含めて古代生物として掲載しているニュース記事なども見かけます。謎に包まれた彼らの定義は、一般にまだまだあいまいだと言えるでしょう。

この記事内では、正しい『古生物』という言葉があるのを心に留めていただいた上で、『恐竜以外の』太古の昔に生息していた多様な生き物たちという、多少の分類をする意味であえて特別に古代生物とさせていただくことをここに明記しておきます。

まるでゲームの世界!陸に生息した古代生物

Free-Photos / Pixabay

私たちがこの地球の上を歩くようになるよりはるかに昔、酸素濃度や気温や気候などは今とはかなり違った状態にありました。その時代には、その時代に合わせた体に進化した生き物たちが暮らしていました。まずは私たち人間と同じく陸上に暮らした生物たちをご紹介していきます。

歴史上最大の蛇!ティタノボア

ボアの仲間といえば大蛇として有名ですが、かつて生息していたこちらのティタノボア(タイタノボアと発音されることもあります)は現在のボアたちをはるかに上回り、全長なんと12~15mもありました。体重は1000kgを超え、胴の一番太いところでは直径1mにも達していたそうです。

大きく強いものといえばこの名を

KELLEPICS / Pixabay

ギリシャ神話などに登場する、巨神族であったとされているタイタン。ティタノボアも彼らに因んだ名を付けられました。あの有名なタイタニック号も、土星の衛星タイタンも、金属のチタンなども、皆この神様たちから名前をいただいたものとなっています。

鬼のような頭部を持つエステメノスクス

NEXT 鬼のような頭部を持つエステメノスクス