猟奇的過ぎて最終回が放送休止!?スクールデイズ全12話のあらすじまとめ

Scool Days(スクールデイズ)は元々美少女ゲームをアニメ化した作品で、2007年にUHF局などで放映された学園恋愛アニメです。ただ、最終話の衝撃的な結末の放映直前に当時発生した事件により放映休止となり話題となりました。今回は、この話題になったスクールデイズのストーリーを紹介します。

この記事をかいた人

オカルトを愛して30年。特に怪談、呪術、未解決事件が好きです。情報の詰まった記事を心がけています。

目次

なぜスクールデイズはこんなにも注目されたのか

アダルトゲームを元に制作された深夜アニメ「School Days」。それは当時の視聴者に大きな衝撃を与え、話題となりました。この頃のアニメ好きなら一度は耳にしたことのあるスクールデイズ。なぜこのアニメは歴史に名を遺したのでしょうか。ここでは、その流れを簡単にご説明します。

2005年に発売された美少女ゲーム

全ての原作となるPCゲーム版は2005428日、アダルトゲームブランド・オーバーフローより発売されました。アダルトゲームなのでもちろん18歳以上向け。このゲームは当時類を見ないボリュームで作成されており、ゲーム内のアニメーションの量は通常のTVアニメ70話以上でした。

主人公・伊藤誠(いとうまこと)とヒロイン2名を中心にストーリーが展開し、プレイヤーが選択肢を選ぶことによりゲームが進むアドベンチャーゲームです。バッドエンド、猟奇的な鬱展開が多用されたこの作品は世間に衝撃を与えました。

2007年にTV放映されたが結末はゲームと異なる

アニメ版は2007年の7月より1クール、全12話で制作されました。ゲーム版ではバッドエンドの他に多くのハッピーエンドも用意されていましたが、アニメ制作側の強い意向により、最終回はアニメオリジナルの凄惨過ぎるバッドエンドが放送されることとなりました。

最終話放映前日に発生した京田辺警察官殺害事件

回を増すごとに視聴者を引き付けていったスクールデイズでしたが、なんと最終話放映前日、京都府で女子高生が警察官である父親の首を斧で切りつけ死亡させるという事件が起こります。アニメ最終回の内容とこの事件に類似性が見られたため、各局は最終話放映を自粛。そのため、地上波では11話で放送打ち切りとなっています。

その後1週間遅れでCSのAT-Xにて最終回が放映されましたが、AT-Xはスクールデイズを朝昼晩1回ずつ放映していたところ、最終話は夜の回のみたった一度きりの放映となりました。この事件による影響も、スクールデイズに話題性を持たせたひとつの要因と言えます。

あまりの衝撃の惨状と猟奇的な最終話

物語は主人公、そして2人のヒロインを巡る三角関係が主軸でした。この後あらすじを詳しく解説しますが、最終話では3人の関係がこじれにこじれ、ヒロインのひとりが妊娠、それを発端としてグロテスクで猟奇的な殺害シーンが続き、およそ恋愛アニメとは思えないラストとなりました。再度記載しますが、メインキャラクターは全員高校生です。

放送自粛を受けてファン達は非常に憤りましたが、いざ最終話を視聴すると皆一様に「これは地上波で放映するべきではない」と語ったと言われています。それほどまでに視聴者に強い印象を与えたスクールデイズ。そのあらすじを追ってみましょう。

また、ホラー要素のあるゲームに興味を持たれた方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

スクールデイズのあらすじ【第1話「告白」衝撃的なストーリーの序曲】

NEXT スクールデイズのあらすじ【第1話「告白」衝撃的なストーリーの序曲】