おせんころがし殺人事件の凶悪性とサイコパス「栗田源蔵」に迫る!戦後最悪の殺人事件はなぜ起こった?

サイコパス栗田源蔵の手によって母子3人の尊い命が奪われた「おせんころがし殺人事件」の全容とともに、栗田源蔵の生い立ちや人物像から犯罪の凶悪性とおせんころがし殺人事件へとつながっていった経緯を説明します。死刑廃止論に待ったをかけたおせんころがし殺人事件とは?

この記事をかいた人

オカルト・ホラー・フォークロア・生き物全般に興味と情熱を注いでいます。

戦後最悪の凶悪犯罪「おせんころがし殺人事件」とは?

昭和の凶悪事件は数あれど、そのとびぬけた残忍さで現在も有名なのが「おせんころがし殺人事件」です。

怨恨どころか関係すらない通りすがりの人々や、ほんの小さな幼子まで、まるで草でも千切るかのように次々手をかけ、惨たらしく殺していった極悪非道の連続殺人。まずはその犯人について解説していきましょう。

おせんころがし殺人事件は栗田源蔵が起こした凶悪事件

MakyFoto / Pixabay

事件は昭和27年、現在の千葉県鴨川市にある断崖の続く難所、おせんころがしと呼ばれる道で発生しました。犯人の名は栗田源蔵といい、ここで女性とその子供を惨殺しています。

またこの現場で起こした事件を含めて計8名を殺害している連続殺人犯でもあります。これが、本件が戦後最悪と名高い凶悪事件であるゆえんです。

栗田源蔵が母親を強姦のうえ殺害

栗田源蔵は近隣の駅で、夫に会うために出かけていた子連れの若い母親と出会いました。そしておせんころがしまで彼女を誘いだし、強姦の後、首を絞めて殺害します。

そこには彼女の子供たちも居合わせていましたが、犯人に慈悲の心などありませんでした。栗田にとって子供たちは道端の石と変わりがなかったのです。

「おせんころがし」から母子を崖の下へ投げ捨てる

KELLEPICS / Pixabay

犯行の邪魔をすると判断された子供たちは、絶壁から容赦なく放り落とされました。

また絞殺された母親の背には、まだおぼつかない幼子も一緒にいましたが、まるで荷物を捨てるかのように一緒に投げ捨てられたのです。それはもはや人の所業ではない、言葉を失う惨たらしさでした。

おせんころがし殺人事件の犯人「栗田源蔵」の生い立ち

なぜこれほどまでに残酷な、あまりにも良心を欠いた犯行ができるのか?犯人・栗田源蔵とはいったいどのような人物であるのか?

まずは彼ががどのような生い立ちを辿って、戦後最も凶悪と言われるほどの連続殺人犯になったのか、順にひも解いていくことにしましょう。

栗田源蔵は貧しい家で12人兄弟の3番目に生まれる

ibrahim62 / Pixabay

昭和元年秋田県に生まれ、川漁師を父とし、兄弟は11人という大家族の三男坊でした。

父は病弱であったためなかなか働けず、母がほとんど女手ひとつで切り盛りしている状態で、家計は貧しく常にひっ迫した状態であったといいます。そのような環境のため養育も行き届かず、放置同然の子供時代を過ごしました。

夜尿症からいじめにあった幼少期

Wokandapix / Pixabay

栗田は幼い頃より夜尿症、いわゆるおねしょの癖があり、小学校に上がる頃になっても治ることがなく、学校でのいじめの原因になっていました。

当時は小学校も中退できたため3年生でやめてしまい、奉公に出ますがやはりこの症状が原因で次々移り変わることになります。

軍に入隊するも夜尿症のため2ヶ月で除隊

NEXT 軍に入隊するも夜尿症のため2ヶ月で除隊