病気が原因のことも?大人の癇癪持ちと子どもの癇癪持ちの特徴・原因と対処法

癇癪持ちの他の言語での捉え方

fxxu / Pixabay

果たして他の言語では、癇癪持ちはどのような表現で使われているでしょうか。また、英語の場合は、状況によって癇癪を起すという意味に近い言葉を細かく使い分けています。特に、子供に関する癇癪についてはどこの国でも共通の話題とも言えます。とても興味深くもあるので、是非詳細をご覧ください。

英語では

Free-Photos / Pixabay

一例ではa short temper.と言い、気が短いに近いような意味もあります。ちなみに、子供が癇癪を起した時などは、meltdownやtantrumsを用います。ただ厳密には、用い方が違いがあるので、具体的な使い方について紹介していきます。

tantrumsとmeltdownの違い

tantrumsについては、そのまま癇癪と日本語では訳す場合が多いです。しかし、meltdownという言葉も子供が癇癪を起す時によく使われます。tantrumsは自分の思い通りになればおさまるのに対して、meltdownは思い通り云々で止まるようなものなどでなく、神経回路がショートしてしまってるような状態を表します。

癇癪が起こっている原因を見極めよう

Skitterphoto / Pixabay

大人から子供まで様々な癇癪持ちのケースについて紹介してきました。また、癇癪による行動もさまざまで時には社会に溶け込むのが困難なケースも存在します。まずは、ひと呼吸おいて行動することや、なぜ怒りこみあげてしまったのか原因を自身の心に問いかけることも必要です。それでも、怒りっぽい場合は専門家に相談することをおすすめします。

コタール症候群に関する記事はこちら

六星占術に関する記事はこちら