日焼け止めスプレーのおすすめはどれ?15選をランキング形式でご紹介

日焼け止めスプレーはお手軽で持ち運びにもとても便利ですが、実際どんなものを選べばいいのか迷ってしまいます。メイクの上からでも大丈夫?子供も使って平気?そんな日焼け止めスプレーに関するあれこれとおすすめアイテムをランキングでご紹介します!ぜひ参考にしてください。

この記事をかいた人

自然が大好きで、多くの人にアウトドア系の遊びや楽しさを伝えることができたら嬉しいです。

日焼け止めスプレーと他の日焼け止めの違いは?

chezbeate / Pixabay

シュッと吹き付けるだけでUVカットしてくれるスプレータイプは、手軽に使えて便利です。

シミやシワを作る原因となる紫外線を防いでくれるアイテムですが、他のタイプとはどのように違うのか、大まかな違いをご紹介しましょう。

スプレータイプは手軽で簡単シュッとひと吹き

chezbeate / Pixabay

最近多くのメーカーから販売されるようになったタイプで、シュッとひと吹きするだけの手軽で簡単な使い方が人気です。

小型化され、持ち運びにも便利でどこでもサッと取り出して使う事が出来ます。

塗るタイプは持続力有り

kaboompics / Pixabay

直接肌に塗るタイプのアイテムは、スプレータイプよりも持続力があると言われています。

強く擦ってしまった場合は塗りなおす必要がありますが、メイクの下に塗っていると塗りなおすのはなかなか簡単な事ではありません。

日焼け止めで避けられる紫外線

Bru-nO / Pixabay

太陽の光の中には様々な波長の光が含まれている事をご存知でしょうか。

目には見えませんが、この様な波長が人間の体に様々な影響をもたらしています。日焼け止めによって避ける事が出来る紫外線についてご紹介します。

紫外線とは

Ana_J / Pixabay

紫外線(UltraViolet)は頭文字を取って「UV」という名前で呼ばれており、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

太陽の光に含まれている光の中でも波長が短く、長時間浴び続ける事で人体に影響を及ぼすと言われています。

紫外線にも種類がある

noskill1343 / Pixabay

ultravioletには「UV-A波」「UV-B波」「UV-C波」に分かれていますが、地球上で自分達が浴びている紫外線の中には「UV-C波」は届いていません。

皮膚癌の原因になったり、シワやたるみ、シミなどのお肌トラブルの原因になります。

日焼け止めスプレーのメリットとデメリット

MBatty / Pixabay

持ち運びにも便利で、バッグから取り出してシューっとひと吹きで簡単に使う事が出来るスプレータイプには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

またデメリットはどのような事になるのかをご紹介します。

メリット

NEXT メリット