オウギワシは猛禽類最強!その理由や生態を徹底解説!繁殖方法や子育ても

危害を加えれば話は別

Free-Photos / Pixabay

彼らが繁殖期にテリトリーに入り込んだり、ヒナに危害を加えようとした場合は、凄い勢いで飛行し、めがけて突進してきます。最悪の場合は死に至る可能性もあるため危害を加えないことが安全です。

オウギワシはメスとオスで捕食傾向が異なる

skeeze / Pixabay

彼らは夫婦で助け合って食料にありつけるように分担して狩りをします。同じものを狙うのではなく違うターゲットを捕らえ、必ず食べれるように工夫をしているのです。彼らの考えた知恵なのでしょう。

メスは大型のサルやナマケモノを捕食する

Free-Photos / Pixabay

メスの体の方が大きく、10㎏を超えている個体もいるほどです。母は強しと人間界では言われていますが、彼らの世界でも同じようです。大きな動物をターゲットにしより多くの肉が食べれるように狩りをします。

無償の愛

ヒナがお腹を空かせて待っているため、お腹いっぱい食べさせてあげたいと思う無償の愛を感じますね。よりたくさんの肉にありつくには大きな動物が効率よいためヒナたちを想い大物を狙いに狩りに出かけるのです。

オスは小型の獲物を多く捕食する

Oldiefan / Pixabay

オスの体重は6㎏~9kgと言われており、メスに比べて小柄です。そのため小柄な体を生かし動きがすばしっこい小型のイグアナや蛇などのターゲットを担当しているのです。

夫婦で助け合って生きる

彼らは鋭い爪を持ち優れたハンター力から多くの動物たちに恐れられている存在ではありますが、夫婦が助け合いみんなでエサを分け合って食べる光景は、微笑ましいものです。

なぜメスのほうが大きいのか?

TeroVesalainen / Pixabay

人間界では男性の方が体つきも大きく身長も高い傾向があります。ほとんどの動物でもオスのほうが大きな体をしていますが、彼らはなぜメスのほうが大きいのでしょうか?2つの有力説がありました。

母性本能が関係している?

one_life / Pixabay

メスは巣を作り卵を産み、そして温めて孵化させます。そのためオスからの無用な求愛を防げるように体つきを大きくしたのではないかといった説が出ています。女性の方が強いとされるのは鳥界でもあるのかもしれませんね。

オスは狩りで素早く動くため?

JarkkoManty / Pixabay

巣で卵を温めてヒナを育てることから、多くを過ごすのはメスです。そのためオスは狩りに出かけ獲物を運ぶ役目をします。多くの獲物を獲得し家族に食べさせるため体を小さくし軽くすることで、素早く行動できるように進化をしていったのではないかといわれています。

NEXT オウギワシの繁殖形態と子育て