食虫植物とは?その仕組みや育て方、種類をご紹介!動物まで食べる?

食虫植物の育て方や代表種など紹介!虫や動物を捕食して養分の一部とする、独特なしくみを持つ食虫植物。見た目には物珍しさがありますが、意外にもホームセンターなどでも販売しており、初心者の方にもおすすめです。ぜひお気に入りの種類を見つけてご家庭でも育ててみてください。

この記事をかいた人

好奇心に突き動かされてただひたすら忙しい日々を送っています。

そもそも食虫植物ってなに?そうではない植物の違い

schablonette / Pixabay

食虫植物とは、虫をつかまえて自分の養分にしてしまう植物のことで肉食植物なんて別名で呼ばれることもあります。最近は鑑賞用として育てられています。種類も豊富で見た目もユニークなものが多いです。

4つの段階を経て食虫植物といえる?その定義とは

imordaf / Pixabay

誘引・捕獲・消化・吸収の4つが定義されています。虫をおびきよせる・おびきせた虫をつかまえて殺す・殺した虫の養分を消化、吸収する。定義とは人によって異なる定義を挙げる者もいますが、ここでは以上の条件をすべて備えたものを食虫植物といいます。

食虫植物は世界で12科に分類され、19属有ります。種類は約600種類になります。食虫植物として一部を満たすものはたくさん有りますが、真の食虫植物はそのうちの限られたものだけです。似て非なるものはたくさんあります。

食虫植物とそうでない植物の線引きは曖昧?

InspiredImages / Pixabay

条件の一部だけ満たす植物は多く見かけます。食虫植物とそうでないものの定義はまだ曖昧なところがあるのです。繊毛に毒がある種類もたくさんありますが虫から養分を吸収するのはその極一部の種に過ぎないのです。

食虫植物ってどうやって育つ?どういう仕組みでできてるの?

qimono / Pixabay

食虫植物は元々は普通の植物からはじまり、進化の過程で、食物連鎖の下層階に追いやられた植物たちです。栄養のない土地に追われて、動物から栄養を得るようなしくみになったのです。強い適応力を持っている植物です。

独特な見た目を持つ食虫植物!動物や虫を捕食して成長する

narya / Pixabay

虫をつかまえる方法として、落とし穴式や粘着式、はさみ罠式があります。捕獲した虫から、成長に必要な栄養分を取り込みます。長い時間罠にかかるのをただひたすら待つことになります。とらえたら時間をかけて養分を吸収します。

しかし普通の植物と同じく水や土などからの栄養も必要

alexia59200 / Pixabay

食虫植物は捕獲した虫からの養分を吸収するばかりではなく、他の植物と同様に水や土から光合成を行い、自ら養分を作り成長する能力もあります。つまり、育てる場合、虫を与えなくても成長します。厳し環境に順応しているのですね。

痩せた土地でも生長するために捕食を行う食虫直物

Myriams-Fotos / Pixabay

食虫植物は痩せた土地に生育しています。成長するためには、虫や動物を捕食して養分を得る必要があったのです。いわば捕獲器は痩せた環境で成長するための特殊装備をしていることになります。食虫植物は手を出してかけ過ぎないことがこつです。

食虫植物をタイプ別に詳しく紹介!その①挟み込み式

NEXT 食虫植物をタイプ別に詳しく紹介!その①挟み込み式