ボアコンストリクターの生態や魅力は?飼育の可否や販売・値段も!事故もある?

ボアコンストリクターによる死亡事故

8385 / Pixabay

怪我だけでは済まず、最悪のケースとして死に至ってしまった事例もあります。決して獰猛な性質ではないボアコンストリクターですが、ペットとして犬のように慣れることもありません。

大型爬虫類の扱いは非常にデリケートで、ハンドリングにも念入りな注意が必要なのです。

ボアコンストリクターを要因とする感染症による死亡事故

geralt / Pixabay

2001年アメリカ、オクラホマ州の女性が、自身の飼育しているボアコンストリクターの保有するサルモネラ菌によって死亡するという事故が発生しました。

家畜や食中毒のイメージが強いサルモネラ菌ですが、爬虫類の消化器官にも生息しています。世話をする過程において感染した可能性が高いとされています。

2010年に発生したボアコンストリクターの絞めつけによる死亡事故

HeyouRelax / Pixabay

こちらは2010年にネブラスカ州で、ボアコンストリクターを首にかけてたわむれていた男性が、そのまま締め付けられて窒息死したという事故です。

蛇は空腹状態でなく、捕食対象と間違えた可能性は低いとされています。人間は一緒に楽しく遊んでいるつもりでしたが、取り返しのつかない事態になってしまいました。

「特定動物」に該当するボアコンストリクター

犬や猫とは異なり、ボアコンストレクターのような生物は、政令により特定動物に指定されているため、公的な許可を取得する必要があります。

特定動物って何?許可はどうやって取るの?本当は飼わない法がいい?次からは過去の事故例を交えつつ疑問に答えていきましょう。

「特定動物」とは?

ペットとして世界中で広く流通しているボアコンストリクターですが、大型の蛇で事故例もあるとういことで、日本では動物愛護法にる飼育制限がかかっています。

飼育するには地方自治体の許可や、マイクロチップの埋め込みなど、厳密な管理が義務付けられた動物です。手続きの不備などが起きないよう、各団体に詳細を問い合わせてください。

ボアコンストリクターは特定動物から外されるべき?

ボアコンストリクターの事故例については先に触れましたが、では、個人としての飼育を禁止した方がよいのでしょうか?

決して獰猛ではありませんが、攻撃や逃走などトラブルが起きた際の対処が難しいため、特定動物の指定を外さないまでも、個人での飼育を禁止すべきという声もあります。

2012年に発生した日本国内の負傷事例

3dman_eu / Pixabay

東京都では、逃げ出したボアコンストリクターが女性に噛みつき、巻き付いて締め上げるという国内初の負傷事例が発生しました。飼い主である都内在住の男性は書類送検されています。

被害者が成人女性であったから、体力的にも判断的にもまだ無事で済んだものの、これが幼い児童であったら最悪の事態が起きていた可能性もあります。

日本でも摘発された無許可飼育

geralt / Pixabay

また特定動物としての許可を得ず、無断で飼育している悪質なオーナーもいます。ボアコンストリクターが逃げ出したことにより発覚、近所で捕獲されましたが、そのまま街中や学校の近くに逃走でもしていたら大変な騒ぎになっていたことでしょう。

安易な気持ちで危険性の高い生き物を入手し、ずさんな管理で飼育するなどあってはならないことです。

NEXT 温和な反面、飼育には細心の注意も