ヘルマンリクガメはかわいい!飼育方法や寿命、販売価格など徹底紹介

果物も食べるヘルマンリクガメ!糖分が多いため与えすぎに注意

バナナやいちご、りんごなどの果物も好んで食しますが、これらは糖分が高く、他の食べ物を嫌って食べなくなってしまう事もあるため、体調不良などで食欲がない時などに与える方が良いでしょう。普段から上げたいという方は、必ず決まった日の決まった少量だけという習慣が必要です。

リクガメ専用フードを与えすぎると甲羅が凸凹に?

専用に作られたフードは栄養価が高すぎるために、肥満になってしまいます。また与えすぎると甲羅に凹凸が出来るとされており、補給食としてたまに与える事や、食欲がなく栄養が取れていない時などに与える事が大切です。

甲羅などの形成に大切!カルシウム剤も合わせて与える

甲羅なども健康に維持するためにはカルシウムも与えてあげなければいけません。野菜にはカルシウムが含まれていないため、爬虫類用のカルシウム剤などを与える必要があります。また容量などの説明書がない場合はペットショップの店員さんにも相談してカルシウムを与える量を調整することをおすすめします。

ヘルマンリクガメの飼育する上での注意点は?元気に育てるコツとは

20年という長い命を健康に全うしてもらうために飼い主さんが気を付けなければいけない事は何でしょうか。カメという動物特有の注意事項なども飼育する上では発生してきますので、ご紹介させていただきたいと思います。

温湿度の管理に注意!寒さや多湿環境が苦手なヘルマンリクガメ

何よりも気を付けなければいけないのは飼育する場所の温湿度の管理です。寒すぎる環境では冬眠したり、体調を崩してしまったりするため、かならず25~28℃程度の温度、50~70%の湿度を保つようにしてあげましょう。

よく動くヘルマンリクガメ!散歩に出してあげることも大切

ヘルマンリクガメは運動欲求がとても高く、スキンシップとして以外でもケージの外へだし、ストレス発散や健康維持のために運動させた方が良いとされています。散歩の際には脱走に注意して目を離さないように気を付けましょう。

ヘルマンリクガメは温浴が好き?同時に甲羅のお手入れも

温浴を行うメリットとしては、甲羅の汚れを落とすなどのお手入れの面以外でも、水分補給や、帳の動きを活性化させるというメリットがあります。しかし、野生のリクガメに温浴という習慣はなく、飼育時でも必要ないという声があるのも事実です。

ヘルマンリクガメの販売価格はどれくらい?どこで購入できる?

いよいよヘルマンリクガメをお迎えに行こう、という際どこにいけば手に入るのでしょうか。一般的なペットショップでも沢山の種類の動物が取り扱われています。ここではヘルマンリクガメの市場に関する情報をご紹介させていただきたいと思います。

NEXT 幼体のヘルマンリクガメは2万円ほどで出回っている