優曇華の花は経典に登場する花?3千年に1度しか咲かない花の意外な正体とは?

優曇華の花は仏教の経典にも名前がのぼる大変珍しい花。3千年に1度しか咲かないと言われる優曇華の花が咲いたと話題になることもありますが、果たして優曇華の花はどのような花なのか?優曇華の花の見た目や種類そして意外な花の正体も含め解説していきます。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

3000年に1度しか咲かない「優曇華の花」

皆さんは3000年に1度しか咲かない花を知っていますか?まずはその花の基本概要について皆さんに解説していきます。その呼び名やどこに生息して生えているのか、またその花の花言葉についてもお話していきます。

優曇華の正式名称と読み方

正式名称は優曇波羅華(うどんはらげ)と言い、読み方はうどんげと言います。花の外見は一つ一つの花びらが鐘の形をしていて、色は淡いホワイトです。直径にして数ミリ程度で大変小さく、針のように細いのです。そして夜中に咲き、早朝には縮むので、咲き誇るのはほんの一瞬なのです。

優曇華の分布地域

実は日本国内であればどこでも生息しているのです。それなのにその花の存在が知られていないのは、珍しい花であるからでしょう。もともとは空想の花としてしられていたり、九州の長崎や熊本にしか咲かないアイラトビカズラという花のことを指す場合もあるのです。

優曇華の花言葉

この地球上には色とりどりの綺麗な花がたくさん存在しています。そしてその花一つ一つに意味を込めた花言葉があるのですが、この花の花言葉は「輝く心」なのです。しかしこの花にはそれとはまったく別の意味を持つ花言葉も存在するのです。

日本でなじみのある花、桔梗に関する記事はこちら

優曇華の花は「天上の花」人間世界には存在しない!?

先ほどの見出しでも少しお話ししましたが、実際に生息している花の事なのですが、もともとは空想上の伝説の花として知られていたのです。空想の花の歴史やどんな言い伝えがあるか一つずつ解説していきます。

私たち日本のお隣に位置する中国でも、中国三千年の歴史という言葉があるように、たくさんの伝説のお話しがあり、それが今でも残っていたりその名残から、慣用句やことわざが生まれたりしています。

優曇華の花は仏教の経典に登場する花

私たち日本人に一番馴染みがあり信仰している宗教である仏教。実はこの仏教と関係している花ということなのです。その宗教の教えや決まりなどが書いてある書記、すなわち経典の中に登場する花なのです。

3千年に1度咲き金輪聖王が現れる

3000年1度だけ咲き「金輪聖王」が現れるという内容がその書記に記されているのです。これがどういうことか説明すると、この王が世間に表れるとめったにない吉報が現れ、それによりこの珍しい花さえも長い年月を経て、初めて花咲かせるというものです。つまりはすごくいいことが起きる知らせの様なものと言えます。

法華経で説かれる優曇華の花

「仏に値(あ)いたてまつることを得ることの難きこと、優曇婆羅の華の如く、また、一眼の亀の浮木の孔(あな)に値うが如ければなり」

(引用:法華経より)

このように法華経には記されているのですが、分かりやすく今の言葉に変えると、珍しい天の上の花優曇華を見ることができたり、一つ目の亀が奇跡的に木と巡り会うことができるくらい、仏教の教えを聞いてそれを信仰することは幸運なことであり、幸せであるというものです。

優曇華の名前の由来

NEXT 優曇華の名前の由来