青い鯨はロシア発の自殺ゲーム|指示内容や世界各国の対応、日本への影響も

青い鯨(Blue Whale Challenge)とは、ゲームのホストから50日間指示を受け続け、最終的には自殺を指示されるというゲームです。ロシアの若者を中心に広まり、何と本当に自殺してしまう人も出ています。そのショッキングな内容からネット上で話題になり、社会問題へ発展しました。今回はその青い鯨について詳しく紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

青い鯨(Blue Whale Challenge)とは?130人を超える自殺者を出したゲーム

Three-shots / Pixabay

青い鯨をご存知でしょうか。ロシアで広まったゲームなのですが、その内容は非常に恐ろしいもので、それは自殺を促す内容らしいです。そんな恐ろしいゲームがなぜか若者の間で流行っているようで、その波は全世界に広がっていると言います。

もちろん各国が何も対応しないわけはありません。色々な対応や若者で流行っているその流行に何とか自殺を阻止しようと動いている対策もあります。そんな恐ろしい怖いゲームですが、聞き慣れない人も多く、内容などもわからない人は多いでしょう。

そこでまずは、ゲームの概要やどれほど社会問題になったのかというところから大まかな内容を紹介してい行きましょう。

ロシアのSNS上で始まった自殺を誘うゲーム「青い鯨」

Counselling / Pixabay

この恐ろしいゲームは、誕生したのが2015年のロシアのSNSにて公開されて世に現れることとなります。このゲームは端的に言うと自殺を誘発するゲームであり、自殺願望がある若者をターゲットにして、引き込んでいくゲームなのです。

しかし、問題はそれだけではありません。なんと洗脳したかのように自殺願望のない人まで自殺に追い込んでいく、恐怖のゲームなのです。ロシアのSNS上で瞬く間に広がり、その恐怖は国外にも伝搬していったと言います。

わずか5ヶ月で130人以上の自殺者が?青い鯨は社会問題に

Alexas_Fotos / Pixabay

恐怖のゲームの犠牲者を聴くと、さらにその恐ろしさが増します。このゲームの被害者でもある自殺者数はなんと130以上に上るといわれているのです。これはロシアだけの数字であり、2016年までの数字になります。

そして、その恐怖のゲームは国外にもおよび、さらなる犠牲者を出していることでしょう。各国に広がったことで、色々な対策が取られるほどにまでなり、たかがゲームが社会問題にまで発展したのです。

青い鯨が意味する言葉とは

Free-Photos / Pixabay

そもそもなぜこのようなゲームタイトルがつけられているのか不思議に思う人も少なくないでしょう。そのタイトルの由縁は、鯨の習性にあります。なんと鯨は、陸に自らの体を乗り上げさせて自殺をする習性を持っているのだそうです。

この特殊な習性から、自殺に誘い込むゲーム内容をとって、このタイトルが名付けられたのだそうです。

青い鯨はロシアのSNSで始まった?ゲーム内容とはどのようなものなのか

HASTYWORDS / Pixabay

恐怖のゲーム。その被害者はロシアだけでも130以上といわれるのですが、その内容とはどのようなものなのでしょうか。詳しく調べていきましょう。

ロシア版のFacebook?SNS「VKontakte」で始まった青い鯨

LoboStudioHamburg / Pixabay

そもそものこのゲームの発端は、先述した通りロシアのSNSにあります。ロシアのSNSであるVKontakteは、ロシア版のFacebookといわれており、非常に利用者の多いSNSでした。そして、2015年にこのゲームはとある一つのコミュニティで開始されました。

自殺願望がる若者をターゲットとして、数十人の若者をコミュニティに集め、洗脳のようなことを施して自殺に引き込むというもので、主に10代の若者を中心に集められたと言います。

50日間毎日指示を受ける?どんどんエスカレートしていく内容

mohamed_hassan / Pixabay

どのようなゲーム内容だったのか、その内容はゲームとは思えないほどのすさまじいものです。というのも、まずは洗脳から始まり、50日間にもわたってコミュニティから様々な指示が若者へと下るのです。

中には、自ら体に傷をつける自傷行為を促すような内容もあり、徐々にその指示内容はエスカレートしていくのです。そして、最終的に自殺はすくわれる一つの手段だとすり込んで自殺に追い込んでいくのです。

webandi / Pixabay

ターゲットとなる若者は、現実への不満を感じ、特別な存在にあそがれを強く持っている人を主にしているので、こういった洗脳ともいえる行為は効果的に働くようで、実際に自殺した人の多くがこの思想に染まって行動を起こすようになるというのです。

自己肯定力の少ない子供たちの気持ちを自殺へと煽り、最終的にはこの世界とは別の世界に旅立つことですくわれるとすり込んでいくのです。

命令は別世界へと行くための儀式?最後には自殺するよう命令される

NEXT 命令は別世界へと行くための儀式?最後には自殺するよう命令される