神の杖は恐怖の兵器!威力や特徴・実現可能か検証!最新兵器も要チェック

「神の杖」とは、米軍が保有しているとされる宇宙兵器です。その見た目から「ロンギヌスの槍」と称されることも多く、核兵器以上の威力を持つと言われますが、果たして本当に実在するのか、という事に関しては疑問の声もあるようです。この記事では、神の杖の威力を検証していくとともに、その存在についても考察していきます。また、今後の使用可能性についてもご紹介します。

この記事をかいた人

オカルト・ホラー・フォークロア・生き物全般に興味と情熱を注いでいます。

神の杖とは

tunechick83 / Pixabay

あなたは神の杖という単語をご存じですか?神話に登場する架空の武器や、ましてやゲームのアイテムでもありません。

核兵器に成り代わる、次世代の大規模攻撃兵器として発案された軍事衛星。わかりやすい言い方をすれば「宇宙兵器」です。これはSF世界の話でなんでもなく、現実に研究が進められているとして全世界が注目しているのです。

米軍が開発しているという宇宙兵器

その兵器はアメリカ合衆国空軍で現在開発中とされています。小さなロケットに金属棒を装備させ、高度1000kmというの高さにある人工衛星から急速降下、運動エネルギーを利用して破壊します。

その攻撃範囲と破壊力は前例がないほど絶大であり、人類を滅ぼす威力があるとされる、おそるべき現代兵器なのです。

槍のように地球を突く

Waldkunst / Pixabay

金属棒はミサイルのように弾けることなく、はるか星空の上からよってすさまじい速度で大地めがけて降り注ぎます。大気圏突入でプラズマの尾を引く様は、地球から見たら槍のように映るであろうと言われています。

その光の槍を目の当たりにす時、はたして人類はどのような危機的状況に陥っているのでしょうか。それはまだ、誰にも分りません。

神の杖の威力・大きさは?

ArtCoreStudios / Pixabay

ここからは神の杖についての具体的なデータを記載していきます。絶大な威力とされるこの兵器が、どれほどの威力を持ち、どういった形状で、いったい何で構成されているのか?

はるか昔、我々の祖先はこん棒で戦っていましたが、100万年以上の時を経てこんな兵器を作るようになるなど、一体誰が予想できたでしょうか。

約マッハ9.5

12019 / Pixabay

金属棒が地球の軌道から投下されると、その速度は時速11,587km、マッハにして約9.5にも達するとされています。

地球上で同程度の速度に達した物体は、2004年に米航空宇宙局が飛行させた超高速飛行機(無人機)だけです。

核爆弾に匹敵する威力

WikiImages / Pixabay

それほどの高速で鉄棒が物体に激突した場合、発生するエネルギーは核兵器に引けを取らぬ破壊力です。

また攻撃範囲は地上のみに留まらず、ターゲットが地下深く数百メートル潜っていたとしても破壊することが可能とされています。実質的に、一度狙われてしまったら逃げる手段はないということです。

大きさ

金属制の棒そのものの大きさは全長6.1m、直径は30cm、重量はおよそ100kgになります。地球上最大の陸生生物・アフリカゾウと同じサイズの槍が、はるか大気圏の外から降り注ぐのです。それが地球に落下すればどれほどの被害が起きるか、詳細な威力を知らなくとも予想はつきますね。

素材

NEXT 素材