【洒落怖】シシノケの正体とは?体験談や特徴をご紹介!目撃者の後日談も

雨が降った後に現れる?夏の夜に見つかったシシノケ

Pexels / Pixabay

報告者Cさんは、天体観測のため学校近くの裏山に行きました。途中で雨が降りましたが、あまり激しくもなく1時間程度で止んだのでそのまま天体観測を続けていました。すると、どこからか猫の鳴き声のようなものが聞こえて来ました。Cさんが辺りを見回すと、15メートルほど先に毛むくじゃらの生き物がいたそうです。

Cさんはシシノケを知っていたのですぐにそれとわかりました。けれどCさんは、何故かあまり恐怖を感じなかったそうです。むしろ見守られているような気さえしたそうで、Cさんは思い切ってその生物に話し掛けてみることにしました。

シシノケと会話をした?シシノケは言葉が通じる可能性も

kabaldesch0 / Pixabay

「こんばんは」とCさんは挨拶し、夜遅くに邪魔をして申し訳ないと詫びた上で、ここにいてもいいか尋ねてみました。すると相手は途切れ途切れに「ンン…ショウシ……ネェ…」と答えたのです。ショウシネエとは群馬の言葉で「仕方ない」という意味を持ちます。

Cさんはその言葉を聞いて「しょうがない、いてもいいよ」と許されたのかと思い、お礼を言って天体観測を続けることにしました。しかし、その謎の生物の意図するところではなかったらしく、続けて今度ははっきりと「ケエレヨ」と言われてしまいました。ただそれは怒っているトーンではなく、諭すような優しい雰囲気だったそうです。

何事もなくシシノケと別れた目撃者

Ratfink1973 / Pixabay

Cさんは了解し、荷物を片付けたあと挨拶をして山を後にしました。最後にその生物は「ナッカラ…オセエ…ンナ…」と言っていたそうです。ナッカラとは「とっても」という意味の方言で、Cさんには夜遅いからと心配しているようなニュアンスに聞こえました。それからCさんは何事もなく山を下りることができました。

後日シシノケの通った跡のようなものを発見

Free-Photos / Pixabay

次の日、Cさんは天体観測をしていた場所へ行ってみました。すると他の地面はすっかり乾いていたのに、あの生き物がいたところだけがしっとりと濡れていたそうです。Cさんは何度か雨の日に山へ行ってみましたが、あの生き物に二度と遭遇することはありませんでした。

シシノケは人を食べる?

auricadina75 / Pixabay

この化け物が話題になり始めたのは2010年の事で、ごく最近の話だと思われていました。しかし、先ほど紹介した3つの目撃談より以前と思われる時期に、前世でシシノケに殺されたという人が現れたのです。

シシノケに食べられた前世の記憶

Free-Photos / Pixabay

書き込みがあったのは2016年の事です。その人は出回っているシシノケのイメージイラストが本能的に怖いと言い、そのイラストそっくりの化け物に食べられて「殺された」と書いていました。というのも、その人には前世の記憶があり、今の自分に生まれ変わる前によく似た化け物に襲われ、食べられて亡くなったのだそうです。

その人は整地されていない荒れた山の中でその化け物と遭遇し、逃げ切れずに「食べられた」と明確に書いています。もしもこの話が本当ならば、あの「空洞のような」と表される大きな口で、人間をまるごと食べてしまうという事になります。シシノケはカモシカを食べると言われているので、確かに人間を食べることなど造作もないでしょう。

Pexels / Pixabay

山の中で化け物に遭遇し、食べられてしまったら跡形も残りません。山で行方不明になり、未だ見つからない人というのはたくさんいます。もしかしたら、中にはそのような怪異に飲み込まれてしまった人がいるのかもしれません。

シシノケとはどのような生物?その特徴は?

ここで、目撃談を元にシシノケがどのような生物なのか整理していきます。聞いた話からイメージで描かれたイラストは数あれど、写真は一枚も存在しないシシノケ。一体、どのような生き物なのでしょうか。

巨大な芋虫のような見た目のシシノケ!針のような毛を持つ

Illuvis / Pixabay

まず目撃者の目に止まるのが「巨大な芋虫のような」と表現される出で立ちです。冬用の寝袋くらいという証言からもかなりの巨体であることがわかります。そしてもうひとつ特筆すべきは全身に生えた毛です。自身を守るためなのか、針のような固い毛が体を覆っています。

NEXT 顔と思われる部分には触覚が3つありその先に目が付いている