ショックリーダーの結び方講座!簡単な方法や手順をご紹介!

ショックリーダーの結び方①FGノット

滑りやすいPEラインとリーダーを編み込むことにより、摩擦力により結束する方法です。結束部に結び目が無いため小さなガイドのロッドを使用する際にお勧めです。結束強度も非常に高く様々な釣りに使用することが出来ます。

ルアーフィッシングをしたいなら絶対に覚えよう!

  • お勧め度(5段階):★★★★
  • 難易度(5段階):★★★★★
  • 結束強度(5段階):★★★★

FGノットは手先の不器用な方や、慣れない間はなかなか結べないという方も多いです。慣れるまでは少々大変ですが、しっかり結べるようになれば大変心強い味方になってくれることは間違いありません。積極的に数をこなして必ず結べるようになっておきましょう。

FGノットはどんな時に使うの?

FGノットはメインラインにPEラインを使用する際に最も使用されており、エギングやシーバス、青物といった幅広い釣りで使用されています。特にブリやヒラマサなどの青物は引きが非常に強いため、結束強度の高いFGノットは大活躍です。

FGノットの結び方をご紹介!

動画ではFGノットの基本的な結び方を紹介しています。編み込みの回数やハーフヒッチの回数は人によって異なる場合もありますが、そういった個性を出すことが出来るのもFGノットの魅力のひとつかもしれません。

ショックリーダーの結び方②SFノット

SFノットもFGノットと同じくメインラインにPEラインを使用する際に結ばれることの多い結び方です。FGノットに比べると結び目が大きくなりますが、その結束強度はFGノットを上回る強さを誇ります。用途に応じて使い分けるのも良いでしょう。

すっぽ抜けが怖くない!結束強度の高いSFノット

  • お勧め度(5段階):★★★★★
  • 難易度(5段階):★★★★
  • 結束強度(5段階):★★★★★

SFノットは編み込みの部分はFGノットと同じなので、FGノットが結べる方には非常に馴染みやすいノットです。SFノットは最後の締めの部分をユニノットにすることにより結束強度を跳ね上げます。結びの手順もFGノットに比べると少ないため、若干ですが難易度も下がります。「ノットアシスト」の使用が出来るのもお勧めのポイントです。

SFノットはどんな時に使うの?

SFノットを使用するならエギングがお勧めです。エギングロッドはガイドが大き目のものが多く、ロッドを縦に動かす(しゃくる)ことが多いので、SFノットのデメリットである結び目の大きさが気になりにくいです。突然の大物にも対応できる結束強度もあるので、ぜひ一度お試しください。

SFノットの結び方をご紹介!

動画ではSFノットの基本的な結び方をご紹介しています。SFノットにおける一番重要な部分は終盤のユニノットの締め込みにあります。ユニノットの締め込みが甘いと結び目が余計に大きくなったり、最悪の場合は解けてしまう可能性もあります。ユニノットはメインラインとリーダーを結ぶ以外にもよく使いますので、ぜひ覚えておきましょう。

NEXT ショックリーダーの結び方③新太郎ノット