ジークラックの新製品をチェック!人気ギアも見てみよう

ジークラック イモリッパースリム 3.8インチ

2018年5月に登場したイモリッパースリムをご紹介します。S.A.Fマテリアルを使用した、高比重のイモムシ型ワームです。先ほど紹介したものより、細身になっています。

塩をふんだんに詰め込んだSAF(サフ)マテリアルで作られたこのイモリッパースリムは、細身のシルエットで、ゆらゆらとボディーを動かしながらフォールし、テールの極小ピンテールも超微波動を起こしながらバスを誘う。高比重を生かしたノーシンカーリグがお勧めです。もちろんオカッパリからの飛距離も申し分ありません。(引用:geecrack)

 

ジーラックの新商品をご紹介!②

ジーラックの新商品 ロッド①

ジークラック 泥棒竿 スパイダー

2018年6月に登場した泥棒竿 スパイダーをご紹介します。こちらはイカメタル、ボートアジングに対応したライトアクションマルチロッドです。穂先部分にはグラスチューブを採用し、折れにくくて、しなやかに曲がります。

楽に握れる太いグリップ、持ち重りしないロッドバランス、穂先ではなくベリー部で大きく当たりが竿に出る曲がるブランクス、イカだけでなくライトゲーム全般に扱えるマルチゲームロッドです。(引用:geecrack)

ジーラックの新商品 ロッド②

出典:geecrack

ジークラック DDBF-66ML ジェットハウンド

2018年5月に登場したジェットハウンドをご紹介します。こちらはタイのプロアングラー、タップ氏が監修したバス釣り用モデルです。パワーと剛性を追求し、優れたフィーリングを求めたダブルダッチシリーズとなっています。

岸からでもできるだけ遠くへ飛ばせ、それを可能にするロッドの長さやガイドセッティングが必要であるが長すぎると穂先を下へアクションさせた際に水面にティップが入ってしまう。また細かなアクションが付けやすく手返しのよいグリップ長さにもこだわり6ft6inchという長さに修まった。バラマンディーはもちろん、バスやその他のルアーフィッシングに使えるプラッギングロッドです。(引用:geecrack)

ジークラック まとめ

いかがでしたか?ジークラックに興味が湧いてきませんか、ここでは紹介していない面白いルアーや、ワームもまだまだたくさんあります。ぜひお店で探してみてください。S.A.Fマテリアルはパッケージの上からでも匂いがするようなので、一度嗅いでみてください。泥棒竿やワームなど、個性的なデザインにも惹かれますが、今後の開発にも期待したいですね。