丑の刻参りの効果ややり方、注意点まとめ!目撃されてはいけない?

丑の刻参りは決して他人事ではありません。現代も脈々と続いている丑の刻参りの儀式と作法を解説しつつ丑の刻参りのリスクを紹介します。また同時に呪われたときの対処法として呪い返しの方法も解説、呪いの恐ろしさと身を守る術の重要さについてまとめました。

この記事をかいた人

自由気ままな子なし主婦。興味があること、みんなに知ってもらいたいことを書いていきます。

呪いの定番「丑の刻参り」

wernerdetjen / Pixabay

オカルトに興味がない方でも丑の刻参りを一度は聞いたことがあると思いますがでは丑の刻とは一体何のことでしょうか。丑の刻参りの基礎だけでは無く、丑の刻とは何のことかなど昔の時間の呼び方と一緒に詳しく解説していきますので詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

丑の刻参りとは

StockSnap / Pixabay

丑の刻参りとは丑の刻(現代の午前1~3時の2時間)に行う呪術のことです。昔の人は午前午後の言い方ではなく、干支を21時始まりとして子(鼠 )から2時間毎に刻み、2時間毎の間の時間を正を付けて表していました。

丑の刻参り七日目で満願

8385 / Pixabay

呪術と言えば真っ先に丑の刻参りや藁人形を思い浮かべるほど有名な丑の刻参りですがメジャーになったのは道具が簡単に用意できることや簡単に呪いが行える点にあると言えます。丑の刻参りは毎日同じ時間にお参りする必要があり続けて7日目にようやく呪いが完了します。

人に目撃されてはいけない「丑の刻参り」

paulbr75 / Pixabay

牛の刻参りに様々な決まりがありそれを破るとどうなるかをご存知ですか?ここではその決まりである人に知られてはいけない、見られてはいけないを破ってしまうとどうなるのかとどうすれば良いのかを詳しく解説します。

丑の刻参りは人に見られると効力を失う

Myriams-Fotos / Pixabay

行う時間が時間ですので人に見られるリスクは限りなく低いですが、人に見られると呪いの効力を失う他呪いが自分に返ってくると言われています。呪いという後ろめたいことをしているので人に自ら話す人はあまりいないと思いますが見られずとも自分で話すのもNGと言われています。

丑の刻参りを見た人は殺さなければいけない

4657743 / Pixabay

呪い返しによって丑の刻参りを知られると自分に返ってくると言われており、丑の刻参りが知られてしまった時は呪い返しを防ぐために殺すしかなくなってしまいます。。もちろんですが、あくまでも言い伝えであり人を殺すのはとても許される行為ではなく重大な犯罪ですので絶対に実行しないで下さい。

丑の刻参りの効果は?本当に効果はある?

Waldkunst / Pixabay

もっとも知られている呪い方法で誰しも一度はあの人呪ってやろうかと思った時に考えるであろう丑の刻参りですが、果たしてその効果はあるのでしょうか。皆さんが気になるであろう効果は一体どのようなものなのか説明します。

藁人形の釘を打ち付けた部分が不調になる

NEXT 藁人形の釘を打ち付けた部分が不調になる