【和歌山毒物カレー事件】20年目で疑われる冤罪、林真須美と家族の現在など

和歌山毒物カレー事件冤罪説②警察の過剰な取り調べ、刑事の強要

Free-Photos / Pixabay

後に容疑者となった彼女の手紙から発覚する事実なのですが、当時容疑を掛けられ警察により、刑務所に連行され取り調べを受けた際、その時の取り調べがあまりにも強制的で圧力を掛けるようなものであった事が発覚している。

どういった取り調べであったか解説すると、とにかく私がやりましたと認め、その旨を書類に書け。そう誘導するように命令する、一点張りだったそうです。更に暴力も振るってきた傲慢な刑事だったらしく、適切な取り調べとは到底言い難いもので判断できます。

和歌山毒物カレー事件冤罪説③カレーが配られるまでの不自然な4時間

読者の皆さんもご自宅で料理を作るとすれば、調理中や完成する前も完成した際も、当たり前に味見をするはずです。もしそれが自身や家庭だけではなく、知人や友人に振る舞う料理であれば尚更の事でしょう。

実は当時祭りで調理され、結果的に毒物が混じっていたこの食べ物の味見を一度も誰もしていなかったのです。その間おおよそ4時間もの時間があったそうです。この事実も大変不可解で不思議な点であり、冤罪説の裏付けとされています。

和歌山毒物カレー事件冤罪説④ヒ素鑑定結果の意味の取違い

qimono / Pixabay

毒物を検査した調査団体は、容疑者の彼女の自宅に遭ったヒ素(夫の仕事で取り扱うもの)と事件に使われた毒物は同一であると断定しましたが。この同一とは、同じ製造ラインで同じ原料、同じ時期であることを意味していただけにすぎず、これを警察側は履き違え、全く一緒の物質であると捉えてしまったのです。

和歌山毒物カレー事件冤罪説⑤犯行動機が無い

Alexas_Fotos / Pixabay

これは記事の冒頭部分でも、容疑者であり現在では死刑囚である彼女の、無罪を主張する大きなポイントとして皆さんも把握しているはずですが、彼女がこれまでに犯してきた詐欺事件や犯行には、一貫してお金や金銭目的という、明確な動機が存在するのです。

一方で今回の無差別殺傷事件では、全く利益となるものが生まれませんし、その他の動機も無いといって間違いありません。それ故に彼女に殺人動機はないので、真犯人ではない事や冤罪であると可能性が各所で囁かれているのです。謎が付きまとっている狭山事件についてはこちらの記事で紹介しています。興味のある方は是非ご覧ください。

和歌山毒物カレー事件は林真須美が次女をかばった?

Free-Photos / Pixabay

色々な理由や根拠が裏付けとなり、各所で冤罪説が囁かれている事を先ほどお伝えしましたが、また本当の真犯人は現在死刑囚として収容されている彼女の娘である、次女ではないかと一部で囁かれているのです。なぜそんなことが疑われているか皆さんに解説していきます。

その当時の娘である次女の年齢は中学生でした。彼女の未来を案じて守る意味でも母親としてかばったとならば考えられなくはないのでしょう。もしそれが事実であった場合、おそらく発覚することはこの先ないのではないでしょうか?

和歌山毒物カレー事件真犯人説・真犯人は次女?

Free-Photos / Pixabay

当時の現場に居合わせた方の証言によると白い服を着た人が、その料理が入っている容器の近くにいて、何度かそのフタを開けていたと供述しているのです。これが何を意味しているかというと、この白い服を着ている人が真犯人という事なのです。

そして事件当日の死刑囚として収容されている林の服装は、白の真逆である真っ黒であり、彼女の娘である次女の服装が白い服装で該当しているのです。この事から、次女が真犯人ではないか?という説が生まれたのです。皆さんはどう推理しますか?

和歌山毒物カレー事件の犯人の息子が20年経って語ったこと

1866946 / Pixabay

実は2019年今年の4月に、今回の事件の犯人である林死刑囚の実の息子である、長男が某放送番組内に出演して母親や事件に対する、意見や考えを語ったのです。どういった意見を持っていて、なにを語ったかを皆さんにご紹介していきます。

出演した理由については、これまで取材を受けてきたのは林死刑囚の夫であり、この息子の父親が幾度も過度なインタビューや取材に応じてきたのだが、現在ではかなりの高齢者となってしまっていて判断力や、発言することが困難となってきた為だそうです。また長男である自身が兄妹達に代わってという理由もあるそうです。

両親と和歌山毒物カレー事件の行方を見守りたい

自分たち親族は皆、母親の死刑を反対して冤罪であると主張するのではなく、ひとえにこの凄惨な無差別殺傷事件の行方を見守り、もし本当に母親による犯行であれば、私たちはそれを重く受け止めて行かなくてはならないと、意見や考えを主張していました。

つまりは自身の親を擁護するつもりも批判するつもりもなく、今回の凄惨な事件の結末をきちんと見届けて、自身の両親を家族として見守りたいという考えを述べています。また事件の本当の真実が知りたいという心情も語っています。

NEXT 和歌山毒物カレー事件で亡くなった女性の友人