わかめ酒はどんなお酒の飲み方?歴史や上手なやり方、危険性をご紹介

その場をしらけさせないために

bridgesward / Pixabay

社会人の中で様々な飲み会が執り行われている中、接待で御もてなしする場合も沢山あります。そんな飲みかいの席でわかめ酒が執り行われた場合、否が応でもその場をしらけさせないように口にするという声もちらほらと見受けられます。

今でもわかめ酒は飲める?

MasashiWakui / Pixabay

一般の人が行うと危険な行為という事は、どこかで体験できる場所はない物かと模索する方もいらっしゃいます。残念ながら現代では様々な問題点があり、お店や公共の場でわかめ酒を行っている場所はないのです。ここではその理由に関してご紹介させていただきたいと思います。

現在では行われていない

Kanenori / Pixabay

昔の日本では大人の楽しみとして座敷や吉原で、芸者さんと楽しむことができる行為として行われていました。現代でも京都など様々な場所で古くから残る芸者さんとお酒を楽しむことのできる座敷が残っていますが、わかめ酒を楽しめる場所は存在しないとされています。

衛生面など危険が大きすぎる

ar130405 / Pixabay

理由としてまず挙げられるのが、衛生面での問題です。わかめ酒は直肌、女性器に近い場所を男性が口にする行為となっています。そのため衛生的にきれいなのかと言われると、肯定しがたい行為なのです。また前述させていただきましたが、女性のアルコール摂取が懸念されるため、お店側がスタッフを守る意図で行っていないという場合も多いのです。

現在では水商売という総称で女性とお酒を飲める夜のお仕事が存在し、こちらでは水商売の語源以外にも、当てはまる職業や、一般的な居酒屋との違いについてもご紹介させていただいています。是非ご興味がある方は併せてご覧ください。

わかめ酒以外にもあった!女性の体を酒器にする飲み方

StockSnap / Pixabay

女性の体を器としてお酒を楽しむ行為はわかめ酒以外にも存在します。いずれの方法もやはり古く日本の芸者さんとの大人な遊びとして行われていたという歴史ではありますが、現代で行う際には知識の少なさもあり危険な行為となっていることを今一度覚えておいてください。

谷間酒

Free-Photos / Pixabay

名前の通りですが、女性の谷間にお酒を注いで男性がそこからお酒を飲む行為となっています。わかめ酒と似ており、女性をお酒の器としてお酒を嗜む行為ですが、歴史上いつから行われていたのかは定かではないのです。わかめ酒同様、女性がある程度の大きさの旨でない場合はお酒が漏れ出してしまうことがあります。

酒の口移し

Free-Photos / Pixabay

女性の体を器として、というニュアンスではありませんが、女性がお酒を口に含み、男性に口移しでお酒を飲ませる行為は現代でも様々な場所で行われている行為です。わかめ酒や谷間酒とは違い、この行為には特に決まった名称がついていないのです。

しかし、この行為に関してもお酒を渡す側である女性も口に含んで男性へとお酒を飲ませるため、少なからずアルコールを摂取する行為となっています。度数の高いお酒などは急性アルコール中毒を引き起こしてしまう可能性もあるため、お酒の取り扱いには細心の注意が必要です。

今もある?わかめ酒以外の性文化

KlausHausmann / Pixabay

現代では消えつつある昔に行われていた性分化ですが、今でも残っている性分化も存在し、公共の場などでも行われているものもあります。ここでは今でも残る性分化について、どういった内容なのかを踏まえて詳しくご紹介させていただきたいと思います。

しかしながら、現代でも行われている行為だとしても、どこでも見られるという訳ではない事も注意が必要な点です。性分化に関しては寛容な方もいらっしゃいますが、否定的な方も現代では多く、様々な方が共存する社会の中でひっそりと続けられている行為であるという事は念頭に置いておきましょう。

NEXT 女体盛り