ガイジーヌとは?意味や元ネタにガイジーヌの仲間も画像付きで紹介!

ガイジーヌは亡くなっていた。Twitterで亡くなったと報告

kareni / Pixabay

飼い主のパトリック氏に愛されてハッピーに過ごしていたコッパーちゃんですが、いまは犬生を終わらせ、永遠の眠りについているということです。

世界中のファンに衝撃を与えた事実でしたが、ガイジーヌ画像が愛され続ける限り、コッパーちゃんの存在も不滅です。

ガイジーヌは「へんてこ犬」「おもしろドッグ」などと呼ばれている

geralt / Pixabay

例の画像は今やインスタグラムや匿名掲示板の枠を飛び出て、あらゆる場所で見かけるようになりました。公開先によってへんてこ犬・おもしろドックなど新しい愛称がついています。

それだけ面白がられ、愛されているという証拠ですが、発信源を自負する匿名掲示板のユーザーからは「ガイジーヌ以外の呼び方は違和感ある」と不評です。

ガイジーヌは超人気!

ktphotography / Pixabay

最初こそ異様な容貌が気味悪がられていたものの、その愛嬌が持つ中毒性は人々のハートを捉えて離しません。もはやインターネット上において、トップスターに等しい存在なのです。

ではここからはその誇るべき人気について、具体的な例を紹介していきましょう。

ガイジーヌの人気①専用のスレッドが立てられている

Fotorech / Pixabay

匿名掲示板で犬にまつわるスレッドあれば、そこに必ずガイジーヌあり。そう言い切ってもいいほど絶対的な人気を誇っています。

今では画像が貼られるとスレッドは「これを見に来た」「実家のような安心感」「原点にして頂点」と、敬意すら垣間見える賞賛コメントで溢れかえります。

ガイジーヌの人気②ヤフージャパンの広告になった

実はこの犬、なんとヤフージャパンの広告塔になったこともあるのです。このように小さな画像でも、見る人が見れば一発で「これは…!」と気が付くインパクトはさすがです。

ですがこれは無断転載による無許可広告であることが後に判明します。ネット上であまりに多くの画像が出回ったため、フリー配布素材と間違われたことが原因でした。

ガイジーヌの人気③インスタでもイーヌは使われる

ijmaki / Pixabay

このように、犬=イーヌと表す俗語は、インスタグラムやツイッターでも今では頻繁に見られるようになりました。では次の項目から、ネット上で話題沸騰中の〇〇ーヌたちをピックアップ形式で紹介していきましょう。

もしあなたがペットを飼っているとしたら、知らないうちに愉快なイーヌの仲間入りをしているかもしれませんよ。

ガイジーヌの仲間12選①

それでは2部に分割してお送りする特選〇〇ーヌシリーズ、前半戦です。

宇宙のように広大に広がりゆくインターネット上において、どうしてこんなにおもしろい画像ばかりが厳選できるのか?写真を撮影した人、それを選出した人、命名した人それぞれの才能に脱帽せずにはいられません。

ガイジーヌの仲間①カリカリーヌ

No.1『カリカリーヌ』…カリカリにカリカリしている柴犬です。一体何にそんなに腹を立てているというのでしょうか?しかもそんなファニーなポージングで。

鼻の頭に寄せられたシワが怖いものの、足を組むようにかわいらしく座る様子のギャップが人気の画像です。

NEXT ガイジーヌの仲間②アザラシーヌ