竿師とは?2つの意味と仕事内容、歴史をご紹介!なるために必要な要素も!

少し他人には聞きづらい竿師という仕事、釣りに関することからディープな夜の世界、男女関係から竿師に求められている事などを中心に徹底解説します。また竿師が良く描かれている作品を紹介。これを観たら竿師がどういうものか一発で理解できるでしょう。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

竿師には2つの意味がある

Katzenfee50 / Pixabay

同じ文字を用いても全く異なる意味を持つ2つの職業が存在しました。釣りを楽しむときに必須な竿を製造する人のこと、もう一つは性的に女性を楽しませて金銭のやり取りをする勤めをしている人のことをいいます。

今回はあまり大きな声で聞けないけど、気になる性の勤めをしている人に迫ります。大人の世界を覗いてみましょう。まずは両方の職業について概説します。

釣り竿を作る職人

Free-Photos / Pixabay

木材を使って釣り用の竿を作る人のことを呼びます。現在では技術の進歩によって機械化されていることが多いですが、竹を少しづつ削っていき全て手作業で作っている昔ながらの職人のことを呼びます。

性行為によって女性からお金を貰う人

auzza38 / Pixabay

アダルトビデオで登場する男優やホストを指します。女性をエスコートし肉体関係や接待をすることで金銭やり取りが発生し、そのお金で生計をたてている生業をしている人のことです。 

釣りの竿師の概要

Free-Photos / Pixabay

明治時代から始まったとされる釣りの竿師について詳しく見ていきましょう。現在では職人自体が減ってしまい数少ない貴重な竿を作る人としてレアな格式高い存在です。

和竿を作る職人竿師

EliasSch / Pixabay

日本独特の伝統であり、昔は主流でしたが現代では機械化が進んだことや輸入品の発達が進んでいますが愛用者も多く、根強いファンがいます。

ファンが待っていてくれる限り職人は一本ずつ丁寧に作り上げていきます。

和竿とは?

Free-Photos / Pixabay

天然の竹を使って作る竿のことです。ハイテクな高度機能は備わっていないシンプルさが特徴です。こだわりがあるからこそ高性能でなくとも魚を釣り上げることができますし、釣り人を納得させる使い心地なのです。

手作業だからこそ作り出すことができる細やかな愛情こもった逸品を作り上げています。

プロの釣りをしている人も呼ばれる事がある

Free-Photos / Pixabay

大野さんという釣り名人の人がいます。ブログで釣りの情報を発信しており、さまざまな場所へ訪れ釣果結果や竿の扱い方も紹介されています。見ているだけで勉強になる記事です。

竿師の動画もありますので、ご紹介します。

竿師の動画

竿と言っても、たくさんの種類がありどれも繊細でキラキラ輝いています。職人の端正こもった逸品が見ることができます。

二つ目の竿師の具体的な仕事内容

NEXT 二つ目の竿師の具体的な仕事内容