ウクライナ21とは?犯人の生い立ちや動機、裁判の判決は?動画の見方も

自己肯定感をえるためならスナッフフィルムではない

johnhain / Pixabay

まずそもそものこういったものの定義ですが、これは殺人を鑑賞することを目的とし、殺人行為の撮影を行ったフィルムの事を指します。信じがたい話ではありますがこういったものが流通しているといった噂は古くから存在し、スナッフフィルムはかねてからフィクション作品の中では多く登場してきました。

こういった事を踏まえると、少年たちはあくまでも自分たちの快楽の為、そして心の中の恐怖心を振りはらうためにこの映像を撮影したのだと考えるものもあります。確かにそう考えるとこの映像は販売目的ではなく、あくまでも個人の目的となるのでスナッフフィルムではないと考えられます。

動画を売ってお金を得ることが目的ならスナッフフィルム

erik_stein / Pixabay

そしてもう一つの見方として、この映像が金銭を得ることを目的としているかどうかという点があります。もしそれを目的としてネット上に流したのならば、この映像はスナッフフィルムだという事になるからです。しかしながらこの意見は犯人の少年たちの経歴を考慮すると違うように推察されます。

つまり少年たちは前述したように恐怖心を振りはらうためと自分たちの殺人による快楽の際の付随的な意味合いでこの映像を撮影したと考えられ、そういった意味ではこの見解は違うと考えられるのです。いずれにせよ、彼らの動機については依然として不明であり、謎ばかりが残っている事だけは事実のようです。

ウクライナ21はなぜ動画が流出した?

470906 / Pixabay

ここまで少年たちが撮影した記録映像について浮上した意見について見ていきましたが、この映像には最大の謎が存在し、一体誰がこの映像をネット上に流出させたのかといった事は分かっていないのです。ではここからはなぜこの映像が流出したのかについてまずはみていきます。

裁判で証拠として公開

bluebudgie / Pixabay

まずこの映像自体は犯人の少年たちの裁判の中で弁護士によって証拠として法廷の中で提出され、流されることになり、ここで初めて世間にこの映像が公開されました。そしてこの時点ではまだネット上にはこの映像自体は流出していません。

こうして少年たちが殺人を犯す全ての光景が晒され、傍聴していた人たちはこのあまりにもひどい映像に大きな衝撃を受け、自分たちが住んでいる街でこのような異常な事件が起きていたという事実を突きつけられたのです。そしてこの映像はこの裁判の後、ネットからの流出によって世界中に知られることとなるのです。

その後インターネット上に流出

geralt / Pixabay

この事件の映像は2008年に謎の人物によってインターネット上に投稿されることとなります。裁判所内で初めてこの映像が見られたことから、そちらの関係者が流したのではないかと噂されていましたが、実際の所は誰の手によるものなのかはいまだにわかっていません。

この事態を受けてネット上に流出したこの映像の削除が行われましたが、ネットに一度上げられたものは基本的にすべて消すことは事実上不可能であり、現在でも完全なものではありませんが修正を加えた一部だけが残っている映像や個人のサイト内に修正のされていない映像のリンクなどが張られるなどして残っているようです。

ウクライナ21を流出させた人は誰?

Pexels / Pixabay

では唐突にネット上に現れたこの映像を、一体誰が流したのかという点についてですが、これに関しては誰なのかはわかっていません。噂では裁判所の職員や警察に関係している者なのではないかと言われていますが、確証はどこにもないといった状況です。

こうして世界中に知られることとなったこの映像ですが、ではこの映像を流出させた人物は不明ですが、なんの目的でこの行為を行ったのか、その点に関しては考察を行えるので、次からこの点についての見解を詳しく見ていきたいと思います。

ウクライナ21の動画を流出させた人の目的を考察

qimono / Pixabay

ここまで今回の少年たちによる殺人をすべて写し取った記録映像について、一体なぜ流出したのかについて見ていきました。では次からはネットにこの映像を投稿したのは、一体どのような目的があってのことだったのかについて、ここで考察していきます。

世論の力で少年たちを死刑にしたかった?

EvgeniT / Pixabay

まず最初にこの映像を流出させたのが警察関係者だという可能性があります。これは前述したようにこの映像が流出したのが裁判が終わった後であるという事から時期としては合致します。そしてそう仮定した場合に目的を考察した場合、考えられるのは正義感による世間へこの事件を知ってもらおうという事だったのではないかと考えられます。

つまり最初に目に触れることのできる可能性のあった警察の関係者が、隙をついてこの映像をコピーし、世界中に見てもらう事で世論を動かそうとしたのではないかという事です。そして最終的な目標は、少年たちの刑罰をより重いものにする為だったのではないかと推察できるのです。

NEXT 死刑制度の無いウクライナに死刑制度を導入?