フラットウッズモンスターとは?事件の概要と正体を検証!山形にも上陸?

フラットウッズモンスターは「3mの宇宙人」として大きな話題となり、日本でも宇宙人ブームの先駆けとなりました。インパクトのある見た目が特徴的ですが、ここではフラットウッズモンスターの正体について探っていきます。意外な正体に驚くこと間違いなしです。

この記事をかいた人

新しいこと、好きなことに対するフットワークを軽くしていきたい。

フラットウッズモンスターとは?

このモンスターの名前は知らないけれど写真を見れば見たことがあるぞ、という人が多いのではないかと思います。アメリカではもちろん日本でも大きく取り上げられ様々な漫画やゲームのモンスター等のモチーフにもなっております。

フラットウッズに現れた3メートルの宇宙人

stux / Pixabay

アメリカのフラットウッズという小さな田舎町で子供含む住人達が目撃したモンスターはあっという間に世界に広がり宇宙や宇宙人に対するロマンや興味を掻き立てました。その姿はというと背丈が3メートルもあったと言います。

昭和のオカルトブームで話題に

日本も例外ではなく、このモンスターはたくさんのメディアに取り上げられ、公開された再現イラストはその異様さから当時の子供達の度肝を抜きロマンと恐怖を植え付けました。日本では「3メートルの宇宙人」とも呼ばれているのでもしかしたらこちらの名称で言われればピンとくるという方は多いのではないでしょうか。

フラットウッズモンスター事件の概要①UFOを目撃

470906 / Pixabay

この事件の主要人物はフラットウッズに住む6人の子供達を始めとした10人の住人達です。彼らが遭遇したという3メートルの宇宙人が地球に降り立った瞬間ともいうべき事件を、順を追って詳しくご紹介していきたいと思います。

子供たちが赤い発光体を目撃

cpmacdonald / Pixabay

目撃者となったのはニール・ナンレイとロニー・シェーバー、トミー・ハイヤー。そしてエドワード、フレッド・メイ兄妹。この6人が学校で遊んでいた時のことです。夕暮れの空を真っ赤に光る平べったい何かが飛んでいるのを発見します。

しばらく彼らが見ていると、それは近所のベイリー・フィッシャー氏が営む農場の丘に落ちていきました。落ちてなお光を発し続けるそれに彼らは好奇心をくすぐられ、落ちたものの正体を突き止めてやろうと興味津々で丘へと向かっていきました。

霧の中に直径7~8メートルの物体を発見

jplenio / Pixabay

彼らは丘に向かう道中、同じ光景を見ていたという大人達(州兵隊員ユージン・レモン、エドワードとフレッドの母・キャサリンら総勢4名)も加え総勢10名で丘へと向かいました。すると落下現場と思しき場所には霧が立ち込めていました。

よく見てみるとその霧の中で直径およそ7~8メートル、高さおよそ2メートル程の真っ赤に燃えるようにチカチカと明滅を繰り返す未確認物体がなにやら唸るような奇妙な音を立てていたといいます。

フラットウッズモンスター事件の概要②3メートルの宇宙人を目撃

Free-Photos / Pixabay

ここで彼らはついに3メートルの宇宙人、フラットウッズモンスターとの初邂逅を果たしてしまいます。彼らがその時見たもの、感じたものは一体何だったのでしょうか。彼らが遭遇した驚きの展開をご紹介していきます。

ニール・ナンレイが宇宙人を発見

NEXT ニール・ナンレイが宇宙人を発見