キス釣りの時期はいつ?シーズンごとのキス釣りと釣り方のコツをご紹介します!

道具

まずは、簡単なタックルを用意します。ロッドは短めで、簡単に仕掛けを数メートル投げられる程度で大丈夫です。手持ちのロッドも使うことができます。リールは、軽めで小型か中型のスピングリールだと持ちやすいので、おすすめです。仕掛けの針は、なるべく少なめにし、多くても3本が目安にすると投げやすくなります。

釣り方ポイント

釣りの時期によりますが、キスの産卵の時期には、浅瀬にたくさんいるので、あまり遠くに投げる必要はありません。数メートル先に投げた後、竿を寝かせて水平引くことがポイントです。仕掛けを安定させると、キスが釣れやすくなります。

キスの投げ釣り

投げ釣りは、釣りに慣れて来ている人におすすめの釣り方で、少し遠目を目指して投げ、キスを釣ります。初心者は、チョイ投げを先に経験すると、キス投げに早く慣れてきます。

道具

投げ釣りは、少し遠目をめがけてする釣りなので、およそ4メートルくらいの長竿を用意することをおすすめします。夏などキスが盛んな季節は短くてもできますが、長い方が、釣れる範囲は大きく広がります。リールは、2000から3000番台のスピニングリールを使用すると、遠投がしやすくなります。

釣り方のポイント

長竿を遠くへ投げるため、手には力が入ります。なので、重りが重すぎるたり、遠投の時に力が入りすぎると、糸が切れる可能性が高くなります。そのため、道糸とハリスに力糸を付けると、糸が切れにくくなるので、遠投の場合は力糸をおすすめします。

キスの船釣り

船釣りは、自分が目的としている場所に船で移動し、キスの間近で餌でおびき寄せる簡単な釣り方のひとつです。

道具

船釣りは沖へ出て、すでに目的の場所まで来ているので、ロッドは短めのを使用します。リールは、軽めの小型か中型のスピニングリールがおすすめです。

釣り方のポイント

釣りの目的の位置に軽く投げ、竿を安定させます。安定して来たら、竿を少ししゃくり、キスをおびき寄せます。そうすると、キスが釣れやすくなります。船釣りは、他の釣り方よりも、予想以上にうまく釣れるので、初心者や子供でも簡単に釣ることができます。また、冬など浅瀬にいない時期に、多くは釣れませんが、船釣りでキスの生息する場所へ行けば釣れやすくなります。

キスの習性と時間帯

キスの習性

キスは群れで生活し、春から夏かけて浅瀬に来て産卵をし、秋は浅瀬で荒食いをしてから冬に沖へ戻り生活します。また、夜明けから夕方までに餌を食べに浅瀬に出て、日中は餌を食べながら生活し、日が沈む頃に砂に潜って寝ます。

NEXT キスの時間帯